インターネット徹底調査「すぐ光」

インターネットの基礎知識や今一番安く、お得に使える光回線に申し込むための比較情報などをまとめた総合情報サイト

インターネット徹底調査

目的別インターネット回線の選び方と回線比較

更新日:

目的別インターネット回線の選び方と回線比較

インターネットを利用する人にはそれぞれ目的と言うものがあります。ネットに上げられている様々な情報を収集したり、動画を見たりゲームを楽しむなど勉強、または趣味のためにネット回線を利用することが一般的です。

一口にインターネットと言っても各社ごとのメリット・デメリットなどの特徴があり、どれを選べば良いのか解らない人も多いことでしょう。それでは、インターネット回線を選ぶ時の目安として、各社ごとの回線比較をしていきましょう。これからインターネット回線を引こうと考えている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

目的を明確にする

インターネット回線を利用する人のほとんどはWEB上のコンテンツ利用を目的としていると思われます。WEBサイトを閲覧するだけであれば、回線速度などそこまで速いもので無くても十分と言えます。自分がネットを利用する目的や用途などを考え、利用頻度などから契約するインターネット回線を選ぶのが賢いと言えるでしょう。

何を優先するか?

目的が決まったところで、次に考えるのはその回線を選ぶことのメリットです。出来るだけ費用を安く抑えたいのか、回線速度が速いものを選ぶのか、または、充実した各種サービスを求めるのかなど、自分のニーズに合わせて選ぶことが重要です。

例えば、サイト閲覧するだけであれば、そのページに容量の大きな画像やBGMが流れるなどの演出が施されてない限りは、そこまでの回線速度に必要性がありません。インターネット上でデータのやり取りやVODなどの動画サイトを利用して動画を視聴するのであれば、容量の大きいデータの転送に耐えうる回線が必要となります。

メールでのやり取りなど、週に数回程度の利用頻度であればわざわざ最高スペックの回線を用意する必要もなく、最低限のネット環境を整えていれば良いわけですから、その分の費用も安く抑えられるということになります。自分の目的を明確にし、優先事項を決めておけば無駄なくインターネット回線を選ぶことができるでしょう。

回線の種類はどれくらいある?

いよいよインターネット回線を選ぶと言う段階になった時、数ある回線の中からどれを選べば良いのか迷うことも初心者の方にはありがちです。どれを選んでもネットに繋げると言う目的は達成できますが、種類が分けられているのにはそれぞれに違いや特徴があるからなのです。このインターネット回線にはどういった種類のものがあるのでしょうか?

光回線

現在のインターネット回線の主流と言える回線です。正式には、光ファイバーケーブルを利用したネット回線で、その通称として「光回線」と呼ばれています。

これまでのインターネット回線と比べると、通信速度が圧倒的に早く、動画や音楽ファイルなどの大容量のデータ通信も円滑に行えることが特徴です。

光回線を使った「光電話」やスマホとのセット契約による割引など、各社充実したサービスを提供していることも挙げられます。

ADSL

ネット環境が普及した頃の主流とも言えるネット回線です。アナログの電話回線を使ってインターネットに繋げます。

これより以前は、インターネットに繋げるためには、後述するアクセスポイントへの接続が必要でしたが、ADSLはダイアルアップによる接続ではないため常時ネット接続でも通信費を気にせず使用できます。

現在は常時ネット接続がほぼ当たり前の状況になっており、常時接続のメリットはあまり感じませんが、速度を必要としないメールでのやり取り程度であれば十分な内容とも言えます。

ISDN

インターネットが一般的にも広まり始めた2000年代の主流とも言えるデジタルの電話回線を使ったネット回線です。それ以前ではネット接続には、その都度通信費が必要となり、ヘビーユーザーなどは通信費が安くなる時間帯やテレホタイムなどを利用するなど、使いこなすのに工夫が必要でした。

アクセスポイントに繋げることによって、ネットに繋げることが可能となる代わりに通信費が必要となり、長時間のネット接続や容量の大きなデータ通信を行うと費用が負担となるデメリットがありました。また、アクセスポイントに繋げる際にはIDとパスワードが必要となり、繋げる際にはノイズのような通信音が流れるのも特徴です。

アナログの電話回線ではなく、デジタル電話回線を利用するため新規で回線を引く必要があります。手続きや回線工事が必要なため、契約してからネットに繋ぐまでの間に期間が空くというデメリットがあります。

アナログ電話回線

従来のアナログの電話回線を使用したインターネット回線です。ISDNより以前の最も一般的なネット回線であるため、ネット通信にはダイアルアップや通信費用などが必要となります。また、一本の電話回線を使ってネットに繋ぐことから、ネット利用時に電話がかかってくるとネットから切断されてしまうといったデメリットが発生します。

CATV

インターネットで見るケーブルテレビの回線を利用したインターネット通信です。本来は世界中のテレビ番組を配信するためのサービスですが、回線を利用してネット接続を可能にしています。専用のテレビ回線であるため、速度の安定性は高く、ケーブルテレビを提供している企業ごとのサービスなどの特色があります。

無線回線

スマホや携帯、WiMAXなどがこれにあたり、無線の通信回線を利用したネット接続になります。通信機能がある機種なら、携帯しながらインターネットを利用することもでき、利便性があるのが最大の特徴です。企業ごとに提供しているサービスが異なるため、ネット接続には新規の契約や費用が発生することもあります。

選ぶならどれが良いの?

新旧交えてインターネット回線を紹介してきましたが、それぞれの回線には特徴も様々です。また、サービスを提供する企業ごとに速度の違いや特典などのメリットもあるので、一概には「これが良い」とは言い切れません。

つまるところ、回線選びは「自分のニーズに一致している」ことを前提に選ぶのがベストと言えるでしょう。

メールやネットサーフィン目的のライトユーザー

テキストだけのサイトだったり、容量の大きな動画や音楽などを利用しない場合は「ADSL」でも十分と考えられます。電話回線さえあれば工事不要で契約会社への手続きだけで済むのもポイントです。比較的手軽にネットを利用できる回線であり、月に数回程度のネット利用を目的とするならADSLで事足りると思われます。

ただし、データ通信に必要な情報量を送り込む際に、ネットに繋げる場所からNTTの基地局が遠いほど速度が低下するという恐れもあります。

速度や容量重視!動画もネットゲームも快適に楽しみたいヘビーユーザー

速度で圧倒的とも言える「光回線」が第一候補に挙げられます。通信速度が高速で安定しており、電気通信とは比較しても圧倒的と言えます。現在主流と言える光回線は、企業間で特典やサービスも違っており、ソフトバンクが提供する家族割や学割、など様々なものがあります。家族でネット利用する人が多かったり、スマホとの提携でお得なサービスの恩恵もあり、ネット環境以外に付与する特典も考慮すると良いでしょう。

自宅で専用チャンネルやテレビ番組を見たいという人は「CATV」に加入するというのも一つの方法です。既に契約してる人はネット契約手続きを済ませればすぐに利用でき、企業によってはセットでの特典なども期待できます。

パソコンは無いけどネットには繋げたい人

近年のスマホや携帯機には通信機能が内蔵されたものが主流となっており、わざわざパソコンを買わなくてもスマホで済ませられる、と考える人も少なくありません。従量課金制のサービスによるダウンロードは、動画や音楽ファイルなどの容量が大きいもの程、通信費がかさむことも注意しなくてはなりません。

月にダウンロードするコンテンツやファイルなどが決まっており、ネット検索やちょっとした暇つぶし程度であるならスマホ携帯の無線回線でも良い場合が多いでしょう。

また、ソフトバンク光などのサービスでは、ネット回線とのセット契約で基本料金が割引されるなどのサービスも提供されており、自宅でもネット環境を整える機会として考えておくのも良いでしょう。

おすすめの回線は?

ここまでの話で考えた場合、アナログ電話回線やISDNなどは一昔前の回線というイメージが払しょくできません。やはり、現在の進歩したデータ通信環境を考えると56kbps程の速度では、ネット利用がストレスに感じることも多いと考えられます。ダイアルアップ接続から従量課金制を提供している回線もありますが、そこまでしてこだわる必要があるとは感じられません。それなら、少し金額設定を上げて最低でもADSL契約をした方が現在のネット事情を考えると賢明と思われます。

このことからネット回線の優先度で言えば以下のように考えられます。

・光回線
・CATV
・ADSL

やはりダントツなのは光回線でしょう。安定した高速通信速度に各社ごとのサービス競争により、低価格化も進みおすすめしない理由が見当たりません。

それ以外となると、契約者側の環境など自分にとって利点があるものから選ぶのが良いでしょう。とにかく価格を抑えてある程度の快適さを求めるならADSLが一番ですが、今後の多様化するネット環境では、どこまで対応できるかは未知数です。

現時点では、安定して高速通信を望むなら光回線とCATVの二強と言えるでしょう。

しかし、光回線を選ぶことによって提供されるサービスは、家族割などのセット割サービスも豊富です。家族全体で考えるのであれば光回線の方が割安である場合も多いと言えます。

光回線を選ぶならどこがおすすめ?

回線を引くと言ってももちろんそれに伴う費用が発生します。現在、ネット回線を提供する企業は多数存在し、価格競争がある中である程度どこも費用は似たり寄ったりと言った様子を見せています。「それじゃあ、どこを選んでも同じじゃないの?」と結論を出すのは早計です。提供するサービスは企業ごとの特色を見せており、前述のセット割なども各社異なるものが用意されているのです。光回線を引く際には、費用はもちろん、どれだけメリットが発生するかアフターサービスなども検討しておくと良いでしょう。

それでは一例として、各社ごとの独自のセット割サービスの比較をしていきましょう。

ソフトバンク光

CMでもおなじみの多種多様のセット割サービスを提供している企業です。広告でもネットと携帯電話のおうち割 光セットが一押しとされている割引サービスです。スマホなどの携帯電話の契約がソフトバンクなら、ホワイトプランを選べば携帯基本料が最大で500円割引の1,522円と格安になるのが魅力です。また、提供されるエリアが限定されますが、電気料金との割引セットのおうち割 でんきセットというのもあります。セット契約で月の電気代が1%お得になるというのは、家族全体で見てもお得なサービスです。

auひかり

こちらもCMでおなじみのauひかりですが、知ってる人も多いかと思われますが、auひかりとauスマホのセットで最大で2年間2,000円オフと言うのが強みです。光回線とスマホ携帯、タブレットなどの月々の料金が割引されることに加え、auひかりを1契約だけで家族一人一人の携帯モバイルの料金が最大10回線まで割引されるというのも魅力です。一人一台と言っても過言ではない昨今の携帯事情を考えるとこれは破格と言えます。た、auスマートバリューに加入することで自宅のWi-Fi機器のレンタル料が永年無料と、自宅でのネット利用を快適にするサービスも充実しています。

その他、月額利用料をまとめられる電話サービスや好きな番組をチャンネルごとにセレクトできるテレビサービス、日常生活のトラブルをサポートしてくれるおうちトラブルサポートなど、日常生活を快適にする充実のラインナップと言えます。月々の支払いをauウォレットで決済すれば、ウォレットポイントが溜まってさらにお得です。

フレッツ光

電話回線やインターネット回線と言えば多くの人がなじみのあるNTTのフレッツ光です。基本料金は普通と言った感じですが、長く利用することで最大で10,000円~20,000円以上の割引が適用される光もっと²割という料金プランがあります。割引適用期間は自動で延伸され、光回線を引くことだけを目的として他に乗り換える予定がない人には面倒がない楽なサービスです。ただし、解約時には違約金が発生するので契約する際には注意が必要でもあります。

その他、フレッツ光を契約者している者同士の割引サービスのグループ割、端末1台につきトレンドマイクロ社のセキュリティ対策が標準装備されたセキュリティツールなどが付いていて、とりあえずネット回線に繋げたいという初心者の方には便利なサービスが提供されています。

ビッグローブ光

ビッグローブ単体で見れば、光回線の工事費が0円と言う珍しいものではないサービスですが、auとのセット割が最大の目玉です。au携帯を利用しているユーザーはマンションタイプの基本料金が2,780円の固定となり、auユーザーでなくても最大キャッシュバックが25,000円と言うサービスが謳われています。auスマホなどを契約している場合、月額利用料金が最大で1,200円永年割引されるといった提携の強みがあります。

割引セットは月額利用料が他社と比べても格安で、これまでに挙げた他社のセット割などのサービスにアフターフォローなど基本を押さえ、ネット初心者にも手が出しやすいラインナップを用意しています。比較的に見ても、費用をを抑えて高水準なネット環境を手に入れたいという人におすすめできます。

おすすめの光回線は?

おすすめの光回線をいくつかご紹介してきましたが、選ぶのは契約者の都合に合わせるのが一番であることが第一です。その中でもあえて順位を付けるのであれば、ユーザーが初心者と言うことを前提に考えるのであれば、1位 auひかり、2位 ソフトバンク光、3位 ビッグローブ光、と言った順位付けになると考えられます。あくまで費用対効果や家族の利用状況などを考えた上での考察になるので、個人的感想となりますが、初心者の方は参考までに検討してみてはいかがでしょうか?

auひかりへの申し込みはコチラから

必ずもらえるキャッシュバック

フレッツ光への申し込みはコチラから

インターネットならフレッツ光!

ビッグローブ光への申し込みはコチラから

ビッグローブ光キャンペーン

ソフトバンク光への申し込みはコチラから

ソフトバンク光スマホならセットでおトク!

2020年11月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930