インターネット徹底調査「すぐ光」

インターネットの基礎知識や今一番安く、お得に使える光回線に申し込むための比較情報などをまとめた総合情報サイト

インターネット徹底調査

ドコモ光のテレビサービス「ひかりTV」は利用した方がいいのか?

更新日:

ドコモ光のテレビサービス「ひかりTV」は利用した方がいいのか?

ドコモ光では、株式会社NTTぷららによるテレビ視聴サービス、「ひかりTV」を実施しており、このサービスは、フレッツ光や光コラボレーションの契約者が申込可能となっています。

 

このドコモ光×ひかりTVでは、光回線を通じて、地デジやBSなど、50ch以上にもなるチャンネルを視聴できる様になっており、ドコモユーザーの方で

「ケーブルテレビを利用したいけれど、工事が億劫…」

という方は、このサービスがもしかしたら向いているのかもしれません。

 

また、ドコモ光のご利用を検討中の方でケーブルテレビを利用されている方も、乗り換えるべきか否か、色々詳しく知りたいかと思いますので、分かりやすく解説させていただきます!

 

ひかりTVの主なチャンネル

まず、ひかりTVを利用するとどの様なチャンネルが視聴できる様になるのでしょうか。一覧をご覧ください。

基本サービス

ひかりTV、ひかりTVチャンネル2、Kawaiian for ひかりTV、ひかりTV 4K、Kawaiian for ひかりTV 4K、SHOP CHANNEL、QVC、ジャパネットチャンネルDX、ジュエリー☆GSTV、NHK WORLD TV、中国テレビ★CCTV大富、euronews、Dlife、NHKBS1、NHKBSプレミアム、BS日テレ、BS朝日、BS-TBS、BSジャパン、BSフジ

 

ベーシックチャンネル

映画総合

シネフィルWOWOW、ザ・シネマ、日本映画専門チャンネル、映画・チャンネルNECO

国内アニメ

アニマックス、キッズステーション

邦楽

スペースシャワーTV、100%ヒッツ!スペースシャワーTVプラス、MUSIC ON! TV(エムオン!)、歌謡ポップスチャンネル

国内総合

(ドラマ・バラエティ・映画・情報・ドキュメンタリーなど)

テレ朝チャンネル1 、テレ朝チャンネル2、日テレプラス、フジテレビONE、フジテレビTWO、TBSチャンネル1 、TBSチャンネル2、エンタメ~テレ☆シネドラバラエティ、ファミリー劇場、

海外アニメ

カートゥーンネットワーク、ディズニー・チャンネル、ディズニー・ジュニア

海外総合

(ドラマ・バラエティ・映画・情報・ドキュメンタリーなど)

FOX、スーパー!ドラマTV、AXN海外ドラマ、AXNミステリー、ディズニーXD、BBCワールドニュース、ナショナル ジオグラフィック

アジア総合エンタメ

(華流・韓流ドラマ、K-POPなど)

ホームドラマチャンネル(国内ドラマ含む)、KBS World、アジアドラマチックTV

スポーツ

FOXスポーツ&エンターテイメント、GAORA SPORTS、スカイA、日テレジータス、TBSニュースバード、

その他

MONDO TV、ヒストリーチャンネル 、囲碁・将棋チャンネル

 

と、ざっくり並べてみましたが、とりあえずベーシックチャンネルとはいえ専門チャンネルを多く取り揃えているということが分かったかと思います。

基本サービスのみだとハッキリ言ってあっても無くてもいいのが多いですから、やはりベーシックチャンネルを利用する方向性で検討したいですよね。

月々の利用料金について

一体いくらくらいで、ドコモ光でひかりTVを利用できるのかという点が、恐らく一番気になるところかと思いますので、とりあえずは大まかな目安から見ていきましょう。

テレビおすすめプラン(¥2,500/月)2ねん割を適用する場合

初期費用

月額基本料

チューナーレンタル料金

¥0

2ヶ月目まで

※新規加入キャンペーン適用

3ヶ月目~24ヶ月目まで

※「2ねん割」適用

25ヶ月目以降

最大2ヵ月

¥2,500/月

¥0/月

¥2,500/月

¥1,500/月

¥2,500/月

¥500/月

¥0/月

 

各プラン別の料金

プラン

視聴できるチャンネル

オンデマンドビデオ

月額料金

基本放送プラン

・基本サービス

 

¥1,000

ビデオざんまいプラン

・基本サービス

約12,000本の作品が見放題

¥1,500

(にねん割終了後/¥2,500)

テレビおすすめプラン

・基本サービス

・ベーシックチャンネル

※見逃し配信の視聴も可能

一部の無料作品に限り見放題

¥1,500

(にねん割終了後/¥2,500)

お値うちプラン

・基本サービス

・ベーシックチャンネル

※見逃し配信の視聴も可能

約12,000本の作品が見放題

¥2,500

(にねん割終了後/¥3,500)

 

基本的に、全プランで地上デジタル・BSデジタルが視聴可能ですが、ただ、やはりドコモ光×ひかりTVを利用するのであれば、月額500円のdTV(下記項目参照)も利用した方が、これぞドコモの醍醐味!という気もします。

それでは次に、ドコモ光×ひかりTVのメリットについて見ていきましょう。

 

ドコモ光×ひかりTVのメリット

メリットの要となるトリプルチューナーとは?

ドコモ光×ひかりTVの特典で、トリプルチューナーを月額500円でレンタルできます。

ちなみにこれからご紹介させて頂くドコモ光×ひかりTVのメリットは、基本的にこのトリプルチューナーありきで楽しむことができる機能となっています。

別にひかりTVをドコモ光とセットで申し込まずとも、月額500でチューナーを利用することは可能なのですが、その場合チューナーの機種を選ぶことができないので、高性能であるトリプルチューナーが必ずしも使える訳ではありません。

 

アンテナ工事不要

通常であればケーブルテレビを利用して視聴する番組を、光回線で観ることになるので、アンテナの設置は必要ないため、余分な工事をしなくて済みます。

また、ケーブルテレビとは違い、天候による映像の乱れも無いため、嵐の日でもキレイな映像のまま楽しむことができます。

 

全チャンネルHD画質

ひかりTVでは、全チャンネルをHD画質で視聴でき、4K画質の番組も提供しています。

 

録画OK

USBハードディスクを接続すれば、録画準備OK!

W録りや、外出先からの予約も実行できます。

 

パソコンやスマホでテレビが視聴可能に!

家じゅうひかりTV機能を利用すれば、自宅内のチューナーから離れた場所でも、テレビやパソコン、スマホ、プレイステーションなどからテレビ機能を利用できます。

 

外出先でもテレビが観れる!

対応チューナーの機種が限られますが、スマホやタブレットにひかりTVどこでもをインストールすれば、外出先から放送中・録画問わず番組を視聴することができます。

 

録画した番組はBlu-rayディスクにダビングできる

書き込み対応のBlu-rayドライブを利用すれば、録画した番組をBlu-rayディスクにダビングできる様になります。

ひかりTVの視聴をされているパソコンに、専用のドライブが無い場合は、別途で購入してドライバをインストールし、設定しましょう。

 

dTVをひかりTVで視聴できる

dTVは、月額500円でアニメやドラマ、映画、音楽、BeeTVなどを視聴できる、ドコモが展開するサービスで、これをチューナーを通して観られる様になります。

作品総数は12万にも及び、これまで小さい画面を通して観ていたものが、テレビやPCの大きな画面でも楽しむことができます。

 

2018年1月から開始の映像サービス「dTVチャンネル」「ひかりTV for docomo」

また、ドコモは新たに「dTVチャンネル」と「ひかりTV for docomo」という映像サービスを展開することが決まっており、「dTVチャンネル」は、スマホやタブレットといったネット環境が整っていれば、日本初提供となる「ソニー・チャンネル」や「ディズニージュニア ライト」といった30以上にもなる専門チャンネルを、ドコモユーザーの方なら月額780円で利用することが可能ですが、dTVとのセット割が適用されると、月額料金が合計980円で利用できる様になります。

 

「ひかりTV for docomo」は、光回線を通して50以上の見放題の専門チャンネルや、地上・BSデジタル放送などの多チャンネル放送、そしてdTVといった様々なコンテンツを楽しめます。

こちらは4K・HDRといった高画質コンテンツの視聴にも対応しており、ドコモ光をご利用されている方の場合、月額2,500円から利用可能となっています。

2018年春からになりますが、スポーツ番組を配信しているDAZN for docomoとのセット割も実施される様です。

 

以下、各映像視聴サービスのセット割一覧です。

月額料金

ドコモユーザーの場合

非ドコモユーザーの場合

dTVチャンネル

¥780

¥1,280

dTVチャンネルとdTVのセットの料金

¥980

¥1,480

dTVチャンネルとDAZN for docomoセットの料金

¥1,760

¥3,030

 

ソフトバンク光テレビで適用されるセット割

とまあここまではドコモ光のひかりTVプランです。

ドコモ光のひかりTVは基本的にはフレッツテレビと内容は同じですが、同じく携帯キャリアからソフトバンク光でも同じ内容を網羅したひかりTVを提供しています。

こちらも同じ様にアンテナを設置しなくてもCS・BSが視聴可能で、さらにスカパー!+地デジセットも用意しています。

ソフトバンク光+スカパー!では、月々のインターネット・スマホなどの使用料が割引になったり、実のところこちらの方が、割引に融通が利くと言うか、割引システムが分かりやすいと言えるでしょう。

ドコモの場合は、dTVなどそれぞれの映像視聴サービスを利用して初めてセット割が適用されるので、ひかりTVを利用する時点でセット割を適用して欲しいと言いたいですよね…。

 

SoftBank光への申し込みはコチラから

 

まとめ

ドコモユーザーの方には、現在ケーブルテレビを利用されている方も多いのではないでしょうか?

ドコモ光でひかりTVを利用すると、dTVなどとのセット割も適用されますし、ドコモ独自の映像視聴サービスも視野にいれるのであれば、ドコモユーザーはこのサービスに移行するのが賢明でしょう。

しかしdTVなどのサービスが却って余計だと感じるのであれば、通常使用だとフレッツテレビと変わり映えしませんし、それでしたらソフトバンク光テレビだと月々のネット代にセット割が適用されるので、光回線の契約も含めて検討しているのなら、ソフトバンク光を利用するのがいいのかもしれません。

ソフトバンク光への申し込みはコチラから

ソフトバンク光スマホならセットでおトク!

2020年12月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031