インターネット徹底調査「すぐ光」

インターネットの基礎知識や今一番安く、お得に使える光回線に申し込むための比較情報などをまとめた総合情報サイト

インターネット徹底調査 光コラボ徹底調査

ドコモ光のプロバイダ「ANDLINE」のサービスや評判を調査!

更新日:

ドコモ光のプロバイダ「ANDLINE」のサービスや評判を調査!

光コラボでキャリア最大手のドコモが運営する「ドコモ光」と言えば、やはりドコモユーザーには選択肢の一つとなる光回線の一つですよね。しかしドコモ光の難関と言えば、プロバイダの選択肢が多すぎること。プロバイダによって回線速度も左右されて、「変えたらめっちゃ遅い!失敗だった!」なんてこともしばしば起こり得ます。

中にはマイナーなプロバイダも多くあり、こういった中にも実は掘り出し物があったりするのかも…?と、推測する方もいることでしょう。

今回ご紹介するのは、ドコモ光のちょっとマイナーなプロバイダ「ANDLINE」の、評判やサービスについて。ドコモ光のサービスと併せて解説致します。

 

ANDLINEの速度は遅いか速いか?評判を調査

評判は良いものもあれば悪いものもありましたが、速度にクローズアップすると、IPv6を利用すれば遅いかどうかという問題はクリアできる様です。ただ、案内に食い違いがあった口コミも見受けられましたが、マイナーであるが故か評判自体が極端に少ないため、参考になる意見を探すには心許ないかもしれません。

 

ANDLINE ドコモ光プランの基本情報

※画像:ANDLINE

 

月額料金

ドコモ光ではプロバイダ別に料金を3つのタイプに分けており、ANDLINEは最も安いタイプAに含まれています。

プロバイダタイプ

ホームタイプ

マンションタイプ

タイプA

5,200円

4,000円

タイプB

5,400円

4,200円

単独タイプ※プロバイダ別途契約+料金発生

5,000円

3,800円

これでちょっと興味が湧いたかも…なんて思っちゃうところですが、ちょっと待ってください。

 

実は…他社の方が安い!

ANDLINEってドコモ光では一番安いんだね!と安心したのも束の間、月額料金は他社光コラボの方が、実は安く設定されています。

その他光コラボの月額料金

各光コラボ

ホームタイプ

マンションタイプ

 

 

ニフティ光

初月

0円

24ヶ月間

4,500円

3,400円

通常

5,200円

3,980円

ビッグローブ光(3年)

4,980円

3,980円

OCN光

5,100円

3,600円

もちろんセット割なども含めて総合的なコスパを見ていかなければいけないので、これだけで判断はできません。

 

初期費用

ドコモ光では、契約段階で以下の料金が発生します。

ホームタイプ

マンションタイプ

派遣工事あり

18,000円

15,000円

派遣工事なし

7,600円

契約事務手数料

3,000円

工事費用はフレッツ光からの転用だと手数料だけ支払えば済みますが、まるっきりの新規だと回線を通すのに、それなりのコストがかかってしまいますよね。

ソフトバンク光、auひかり、BIGLOBE光などでは工事費無料キャンペーンを通年開催していますが、ドコモ光では現在、期間限定で実施している様です。

◆ドコモ光「新規工事料無料キャンペーン」の対象者◆

<ドコモ光へ新規申込された方>

<ドコモ光を2019年11月6日(水)までに開通した方>

 

ドコモ光セット割

ドコモ光に加入すると、もれなくドコモ光セット割が同社のケータイ・スマホを利用されている方の月額料金に適用されます。パケットプランが単独か家族や複数の端末でシェアするパケットパックかで、割引額は異なります。

また、現在新規受付中のプランに適用される割引と、すでに受付は終了したプランで、加入中の方に適用される割引がありますので、ご自身が加入しているプランをあらかじめご確認の上、以下項目をチェックされてください。

 

単独プラン

まずは単独のパケットプランの割引額から紹介します。

新規受付中プランの割引額

パケットパック

データ容量

パケットくりこし

月額基本料金

割引額/月

 

 

 

 

 

ベーシックパック

<ステップ4>

〜20GB

 

 

 

 

 

×

7,000円

800円

<ステップ3>

〜5GB

5,000円

800円

<ステップ2>

〜3GB

4,000円

200円

<ステップ1>

〜1GB

2,900円

100円

 

 

ウルトラデータパック

LLパック

(30GB)

 

 

8,000円

1,600円

Lパック

(20GB)

6,000円

1,400円

ケータイパック

2GB

×

300円~4,200円

500円(1年間)

そして以下は、新規加入は終了しているプランに適用される割引です。

新規受付終了プランの割引額

パケットパック

データ容量

パケットくりこし

月額基本料金

割引額/月

データMパック

5GB

5,000円

800円

データSパック

2GB

×

3,500円

500円(~1年間)

 

シェアパック

続いて複数の端末でパケットをシェアしている場合に適用される割引です。

新規受付中プランの割引額

パケットパック

データ容量

パケットくりこし

月額基本料金

割引額/月

 

 

 

 

 

ベーシックシェアパック

<ステップ4>

〜30GB

 

 

 

 

 

×

15,000円

1,800円

<ステップ3>

〜15GB

12,500円

1,800円

<ステップ2>

〜10GB

9,500円

1,200円

<ステップ1>

〜5GB

6,500円

800円

 

 

ウルトラシェアパック

100GB

 

 

25,000円

3,500円

50GB

16,000円

2,900円

30GB

13,500円

2,500円

以下は新規加入の受付が終了しているシェアパックと、適用される割引額になります。

新規受付終了プランの割引額

パケットパック

データ容量

パケットくりこし

月額基本料金

割引額/月

 

 

シェアパック

15GB

 

 

12,500円

1,200円

10GB

9,500円

1,000円

5GB

6,500円

800円

ざっと見ると、割引額は大きそうにも思えますが、他社キャリアと比べて大きく違う点、というかドコモ光セット割のデメリットを申し上げます。

  • ドコモ光セット割は代表回線にのみ適用
  • おうち割やauスマートバリューは家族の回線にも適用
  • ただしひかり電話に加入する条件はドコモ光セット割には無い
  • おうち割やauスマートバリューは固定電話加入必須
  • しかしソフトバンクとauの割引総額はドコモ以上が見込める

こうして理由を連ねると、いかに不便なセット割かが浮き彫りになってしまいますね。

 

オプションサービス

※画像:ANDLINE公式

ANDLINEのオプションサービスは、主に以下の内容になっています。

選べる永年無料のオプションサービス
  • IPv6プラス対応「WiFiルーター」
  • Android用スマホ対応「TVミラーリングレシーバー」
  • iOS用スマホ対応「TVミラーリングレシーバー」
  • スマホ対応「防水スピーカー」
  • スマホ対応「プリンター」
  • 「ポータブルHDD」

+

【特典①先読み防御セキュリティ※12ヶ月無料

攻撃プログラムを先行防御するセキュリティ対策ソフト。

【特典②ウィルス対策にセキュリティ※12ヶ月無料

ウイルス、スパイウェア、迷惑メール対策などのセキュリティ対策ソフト。

【特典③メールウィルスチェック※永年無料

送受信メールのウイルスの検知・駆除を自動的に実施。

【特典④迷惑メールフィルター※永年無料

メール本文を解析し迷惑メールを検知。

一見悪くなさそうなラインナップのようにも思えますが、上記のオプションの問題点を指摘します。

▶無料レンタルのWiFiルーターの機種の詳細が不明

※Amazonで2,000円程度で買えるELECOM製の安物という口コミあり

▶セキュリティソフトの詳細が不明

例えば同じくドコモ光のプロバイダGMOとくとくBB」では、バッファロー製のWXR-1750DHP2という、Amazonで10,000円程で販売されているv6プラス対応ルーターを無料レンタルしているため、そちらと比較してしまうとかなり不利な気がします。

また、セキュリティソフトの詳細がわからないというのも不安要素です。性能に関しては耳障りが良いですが、それならソフト名も記載して欲しいものですが…。

 

ANDLINE ドコモ光プランは微妙!

/じゃあどこにすればいいのっ!?\

まずドコモ光のサービスもいまいちコスパが良くないというのと、ANDLINEもオプションサービスの詳細を濁している点が不安要素になってしまうため、決しておすすめはできません。

また、ドコモ光は、今後もドコモユーザーを続ける意向であれば、最適な選択肢ではあります。ただその際は、プロバイダ選びに注意しましょう。

「ドコモ回線は使用したいけど、料金が高いから格安SIMにしようか迷ってる…」という方には、ドコモ回線を提供する格安SIMサービスと、セット割が適用される光コラボをおすすめします。

 

ドコモユーザーならドコモ光×GMOとくとくBBにするべし

※画像:GMO公式

ドコモ光のプロバイダは大抵の場合、GMOとくとくBBが最もオススメとされていますが、その理由を聞くと腑に落ちます。

料金は最も安いタイプAに該当する

v6プラス対応ルーターは高性能で高価なBUFFALO製

さらに15,000円のキャッシュバックキャンペーンも下記リンクで実施中

何だかんだ、有名所に落ち着いてしまいますが、その方が安心感がありますよね。

↓お得なキャッシュバックキャンペーンを利用する!↓

ドコモ光への申し込みはコチラから

ドコモ回線を提供する「格安SIM」

これからご紹介します格安SIMのプランは、通話やメール、ネットなど、基本機能が利用できるものをセレクトしています。

 

BIGLOBEモバイル

※画像:BIGLOBE公式

BIGLOBEモバイルでは「エンタメフリー・オプション」という、YouTubeやAWA、AbemaTVなど、一部の動画・音楽などのコンテンツにおいて、パケット消費をすることなく利用できるサービスを提供しています。プロバイダ事業や光コラボでも有名なBIGLOBEですが、MVNOでもそのサービスの高品質さは劣っていません。

 

セレクトプラン

BIGLOBEモバイルでは、セレクトプランをご紹介します。

プラン

月額料金

音声通話スタートプラン(1GB)

1,400円

3ギガプラン

1,600円

6ギガプラン

2,150円

12ギガプラン

3,400円

20ギガ

5,200円

30ギガプラン

7,450円

他にも指定のスマホ(iPhoneやHuaweiなど)との同時購入の際に適用される「スマホまる得プラン」などもありますが、それ以外の格安スマホや格安SIMを利用したい方には、こちらのセレクトプランがおすすめです。

 

光☆SIMセット割

※画像:BIGLOBE公式

BIGLOBEモバイルは、BIGLOBE光とのセット割が適用されます。

月割引

光回線 対象コース

BIGLOBEモバイル

 

 

 

 

 

-300円

 

 

 

ビッグローブ光:3年プラン

【対象SIMカードタイプ】

  • タイプD(ドコモ回線)

【対象プラン】

  • 6ギガプラン
  • 12ギガプラン
  • 20ギガプラン
  • 30ギガプラン
  • スマホまる得Mプラン
  • スマホまる得Lプラン
  • スマホまる得2Lプラン
  • スマホまる得3Lプラン

 

 

ビッグローブ光:2年プラン

対象SIMカードタイプは、タイプDとされていますが、これはドコモ回線のことで、au回線のタイプAには適用されません。ドコモ回線の方がエリアに関してはカバーされていますし、選ぶなら断然タイプDになりますね。

↓BIGLOBE光はキャンペーンも充実!↓

ビッグローブ光への申し込みはコチラから

NifMo

※画像:@nifty公式

続いて@niftyが提供する格安SIMは、「NifMo」になります。

 

おすすめプランの月額料金

まずは月額料金から。コチラでは13GBまでのプランが選択できます。

 

3GBプラン

3GBプラン(シェア)

7GBプラン

7GBプラン(シェア)

13GBプラン

13GBプラン(シェア)

音声通話対応SIM

+

契約タイプ料700円

 

1,600円

 

2,300円

 

3,500円

 

まるっと割

※画像:@nifty公式

まるっと割は一応@nifty光やNifMoが対象となるセット割ですが、内容が少々変わっています。電気やガスも@niftyのサービスに切り替えると、セット対象となり、割引額が増える仕組みになっています。

セット内容

割引額/月

ネット+スマホ

200円

ネット+スマホ+でんき

450円

ネット+スマホ+でんき+ガス

550円

なお、適用されるのはNifMo1回線の月額料金のみとなっているので、ご注意を。

@nifty光と言えば、月額料金の比較でも特別安いのが印象的でしたので、こちらもおすすめの光コラボです。

↓光コラボも格安!@nifty光↓

ニフティ光への申し込みはコチラから

 

OCN モバイル ONE

※画像:OCN公式

そして最後におすすめするのは、「OCN モバイル ONE」。こちらはNTTグループの大手プロバイダ企業ですが、格安SIM事業にも参入しています。

 

音声通話プラン

まずは月額料金から。こちらでもBIGLOBEモバイル同様に、30GBまで選択できるみたいですね。

プラン

月額料金

3GB/月コース

1,800円

6GB/月コース

2,150円

10GB/月コース

3,000円

20GB/月コース

4,850円

30GB/月コース

6,750円

 

OCN光モバイル割

※画像:OCN公式

そしてOCN光とのセット割になります。要点は以下の二点だけ。

【OCN モバイル ONE】1回線につき→200円/月 割引

【最大家族5人まで】割引総額→1,000円/月 割引

こちらは家族もしっかり対象となる様です。OCNはNTTのお膝元でもありますし、安心感はありますよね。

↓セット割を組むならOCN光へ!↓

OCN光への申し込みはコチラから

 

いかがでしたか?

今回は「ANDLINE ドコモ光プラン」について特集して参りましたが、最後にポイントをまとめたいと思います。

  • ドコモ光はセット割や月額料金などコスパが悪い
  • ANDLINEはオプションサービスの詳細が不明な点が多い
  • ドコモユーザーならGMOとくとくBB×ドコモ光おすすめ
  • 格安SIMとのセット割がある光コラボの方がコスパの質がUPする
  • ドコモ回線は格安SIMでも提供されているのでエリアを心配しなくていい

以上のポイントを把握しておけば、どんな組み合わせでネットやスマホを選べばいいか、整理できるでしょう。

セット割を組まない選択も。

ドコモ光は主回線から割引され、割引されるのは1回線のみ。
格安SIMの数少ないセット割を行っている3社を紹介しましたが、割引額も300円程度。
そうであれば、いっそのことインターネット単体の料金が安いところを選択するのもひとつですよね。

業界最安クラスの@スマート光は、ドコモ光と同じ”光コラボレーション”というフレッツ光回線を卸受けてサービス提供しているインターネット回線です。なので、ドコモ光と違うところは・・・品質的にはひとつもありません。もちろん、ビッグローブ光やOCN光も、ドコモ光と品質は同じです。

なのに、こんなにお値段が違います。

@スマート光戸建マンション
月額料金4,300円3,300円
契約事務手数料3,000円
工事費無料
速度最大速度1Gbps
契約期間最低利用期間24ヵ月・自動更新なし

工事費に関しても”無料”なので、始めやすいのもおすすめ。
最低利用期間24ヵ月を過ぎれば、自動更新もないので解約違約金は発生しません。
シンプルで安さを求めているサービス内容で、通信業界あるあるの”縛り”や”キャッシュバック”や”セット割”などがない分、分かり易くて好感が持てるインターネット回線でおすすめです。

@スマート光のお申し込みはコチラ
@スマート光

2020年11月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930