Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/netkuchikomi/suguhikari.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

インターネット徹底調査「すぐ光」

インターネットの基礎知識や今一番安く、お得に使える光回線に申し込むための比較情報などをまとめた総合情報サイト

光コラボ徹底調査

ドコモ光ってほんとにお得?おススメできない理由とは!?

更新日:

ドコモ光ってほんとにお得?おススメできない理由とは!?

 

最近光回線関係でいたるところで宣伝されている「光コラボ」つまり「○○光」ですが、ドコモ光もその一つです。

ドコモユーザーの方はついつい気になってしまいがちなドコモ光ですが、実情はどうなのでしょう。この記事ではそんなドコモ光についていいところ、悪いところを取り上げていきます!

「ドコモのスマホ・ケータイが安くなる」

といったメリットもあれば

「工事費がかかる」

「キャッシュバックが少ない?」

などなどデメリットもあります。料金に焦点を当てて、それぞれ見ていきましょう!

 

月額料金

 

タイプA

タイプB

戸建て

5200円

5400円

マンション

4000円

4200円

月額料金はこのような形です。

ちなみにこのタイプAとタイプBというのはプロバイダによって違います。タイプBのプロバイダを選ぶ場合は値段が高くなるということです。「プロバイダなんてどれでもいい」と思うかもしれませんが、これは「プロバイダ解約金」や「プロバイダで作ったメールアドレス」などを考えるとばかにできません。たとえばフレッツ光から転用する際、もともとタイプBの@niftyから別のプロバイダに移行する場合、最低利用期間を過ぎていないと違約金3000円がかかります。

フレッツ光のプロバイダパック対象プロバイダ10の内で、ドコモ光タイプBのものはOCN、@nifty、Asahi Net、WAKWAKの4つなのでなかなか高確率でタイプBの人がいるでしょう。

さらに、プロバイダによってはプロバイダのサービスで作ったメールアドレスが解約の際に消滅することもあるの、このあたりも要注意でしょう。

 

さて、月額料金について他社との比較も見てみましょう。

 

 

ドコモ光

BIGLOBE光

ソフトバンク光

auひかり

フレッツ光

戸建て

5200~5400円

4980円

5200円

5100円

5100-5800円

マンション

4000~4200円

3980円

3800円

3800円

3150-3600円

 

光コラボは原理的にもフレッツ光より安くて当然なのですが、ドコモ光は戸建ては大体相場より少し高いくらいでしょうか。マンションは他の光コラボより高いですね。

※auひかりは厳密に言えばフレッツ光とは違う光回線なので、「光コラボ」とは別の扱いを受けることが多いです。

もちろん光コラボの目玉はなんといっても独自の割引やサービスなので、ドコモ独自の割引などを見ていく必要があります!

 

光セット割

ドコモ光はau光やソフトバンク光同様、ドコモのケータイ・スマホのセット割を持っています。指定の契約プランで契約している場合、指定の金額分、毎月割引されるということになっています。

 

マンション

契約プラン名/金額

割引

ウルトラシェアパック100/25000円

-3,000円/月

ウルトラシェアパック50/16000円

-2,400円/月

ウルトラシェアパック30/13500円

-2,000円/月

シェアパック15(標準)/12500円

-1,800円/月

シェアパック10(小容量)/9500円

-1,200円/月

シェアパック5(小容量)/6500円

-800円/月

 

ウルトラデータLLパック/8000円

-1,100円/月

ウルトラデータLパック/6000円

-900円/月

データMパック(標準)/5000円

-800円/月

データSパック(小容量)/3500円

-500円/月

ケータイパック /~4200円

-500円/月

戸建て

ウルトラシェアパック100/25000円

-3,200円/月

ウルトラシェアパック50/16000円

-2,500円/月

ウルトラシェアパック30/13500円

-2,000円/月

シェアパック15(標準)/12500円

-1,800円/月

シェアパック10(小容量)/9500円

-1,200円/月

シェアパック5(小容量)/6500円

-800円/月

 

ウルトラデータLLパック/8000円

-1,100円/月

ウルトラデータLパック/6000円

-900円/月

データMパック(標準)/5000円

-800円/月

データSパック(小容量)/3500円

-500円/月

ケータイパック /~4200円

-500円/月

 

非常に量が多いのですが、該当するものがあれば毎月これだけ割引されます。ソフトバンクやauと比較すると、相対的に見て割引量は低いです。

確かに、ウルトラシェアパックなどを契約している場合はお得かもしれませんが、そうでない場合、次の工事費を考えると、「ドコモユーザーだからと言ってドコモ光が必ずいいとも言えない」ことがわかります。

工事費

さてここからは工事費を見ていきましょう。

 

工事費

分割方法

戸建て

19440円

12~60回(1620~324円)

マンション

16200円

12~60回(1350~270円)

auひかりなどが工事費無料であるのに対し、工事費は痛いところです。昔は、最大30000円の乗り換えサポートキャンペーンなどもあったのですが、今はなくなっています。

 

24回払いの場合の料金表

 

月額料金

工事費

合計

戸建て

5200円

810円

6010円

マンション

4000円

675円

4675円

24回払いの場合の月額合計になります。これを標準として記憶しましょう。

キャッシュバックはない…?

以前は5000円のキャッシュバックなどもやっていましたが、現在はなくなり「dポイント10000ポイントプレゼント」などのキャンペーンがあります。マクドナルドなどで使えるポイントのようですが、筋金入りのドコモユーザーでない限りあまりなじみはないでしょう。

キャッシュバック24000円が相場の大手光コラボに比べると、キャッシュバックが現金でなかったり20000円に達しないのは大きなデメリットでしょう。

ドコモ光はおススメできない…?

と、ここまでドコモ光のメリット・デメリットを上げていきましたが、「プロバイダによって料金が異なる」、「工事費がかかる」、「キャッシュバックがない」といった理由を考えると、やはり「ドコモ光」はおススメできません。

といっても他にどんなお得な光コラボがあるのかわからないと「なぜおススメでないのか」がわかりにくいでしょうから、ここからはドコモ光よりもメリットの大きい、他の光コラボ・光回線業者を見ていきたいと思います!

おススメの光回線

1位auひかり

工事費無料

有り

キャッシュバック

48000円

スマホ割引(au)

-\2000

月額料金(戸建て)

\5100(-100円/年)

月額料金(マンション)

\3800

工事費無料がすばらしいですね!キャッシュバックも十分です。またauスマホの割引なども充実しています!一台で最大2000円毎月割引で、家族の別の人が該当するスマホプランなどの場合でも追加で割引できます!

auひかりへの申し込みはコチラから

2位ソフトバンク光

工事費無料

なし

キャッシュバック

\24,000

スマホ割引(ソフトバンク)

-\2000

解約金補助

有り ~\100000

月額料金(戸建て)

\5200

月額料金(マンション

\3800

こちらもソフトバンクのスマホ割引で最大一台2000円割引になります。

また、他社から乗り換えた場合24000円分の商品券または、毎月1000×24か月割引のどちらかが選択できます。これで工事費分は実質ただになったりしますね!

また、乗り換える際に発生する解約金も「あんしん乗り換えキャンペーン」で最大10万円還元されます!

工事費無料キャンペーンがないところがややauひかりに劣る点ですね。

SoftBank光への申し込みはコチラから

3位BIGLOBE光

工事費無料

有り

キャッシュバック

\32000

スマホ割引(au)

-\1200

月額料金(戸建て)

\4980

月額料金(マンション)

\3980

ビックローブ光はプロバイダ会社ですがauセット割として最大1200円の割引があります。しかし、auひかりのように何台も割引を追加したりすることはできないので、その点は上の二つに劣ります。

キャッシュバックも充実していて、工事費無料のサービスもあります。ただ、auセット割を利用した場合キャッシュバック料金がなくなたったりすることもあるので、一筋縄ではいきません。戸建ては安いのですが、マンションは少し他の光コラボよりも高かったりします。

ビッグローブ光への申し込みはコチラから

おわりに

いかかでしたでしょうか。携帯シェアではトップに君臨するドコモは、やはりそうした下地があるので、光コラボでもさほそキャンペーンをしなくても契約件数が取れるのでしょう。しかし、長く使う光回線のことなら、しっかり調べてどれが一番お得なのかを把握してから選ぶことが大事になってきます。

みなさんも公式ホームページなどをよく読んでみて、自分に合った光コラボを選んでください!

2020年7月
« 2月  
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031