インターネット徹底調査「すぐ光」

インターネットの基礎知識や今一番安く、お得に使える光回線に申し込むための比較情報などをまとめた総合情報サイト

光コラボ徹底調査

本当に大丈夫?光コラボはデメリットを把握したうえで申し込もう!

更新日:

本当に大丈夫?光コラボはデメリットを把握したうえで申し込もう!

インターネットの主流となった光回線は、光コラボの登場でさらに利用者を増やし続けています。管理が一本化されたことで手続きが簡略化され、低価格、充実した特典など、一見すると良いことづくめの光コラボですが、本当にデメリットはないのでしょうか?見落としがちな光コラボのデメリットについて徹底解説します。

 

選べる光回線「光コラボ」

これまでインターネットの光回線と言えば、NTT東西で提供される「フレッツ光」でした。しかし、2015年2月よりそのフレッツ光を事業者に提供する「光コラボ」が開始されました。これによって各事業者はフレッツ光を自社のブランドとして提供する独自の光回線を販売することで、新しいインターネットとして展開されるようになりました。

回線とプロバイダが一本化

光コラボに参入した主な事業者は、これまでプロバイダとしてインターネットへの接続サービスを手掛けていた事業者です。OCNや@niftyと言った大手プロバイダが光コラボに参入することで、従来のプロバイダサービスや光コラボならではのキャンペーンを実施することで、これまでの顧客に変わらない使用感とそれまで以上のサービスを提供しました。

一本化されたことで変わったこと

それまで回線とプロバイダは別々の契約が必要でしたが、一本化されることで支払いや請求書が一つにまとまることになりました。管理の一本化によりコストなどが削減され、結果的にネット費用の低コスト化が可能となりました。

フレッツ光を利用した光コラボは、NTTのフレッツ光とは別の光コラボ枠の光回線です。しかし、光回線自体はフレッツ光を利用しているため、最大1Gbpsの通信速度や品質に変わりがありません。光コラボの開始から光コラボ参入事業者は増え続けていますが、中身はフレッツ光と同質の光回線であるため、速度や品質を気にすることなく好きな光回線が選べます。

光コラボのメリットとデメリット

回線自体は同じ光回線であるフレッツ光と光コラボですが、これまでフレッツ光を利用していた人は光コラボへの乗り換えを勧められる機会も増えていると思われます。実際に光コラボへの乗り換えはメリットも多く、概要だけに触れてみるとデメリットが無いようにも思われます。

しかし、メリットだけがあるというわけではなく、少なからず光コラボにすることで発生するデメリットも存在します。

光コラボに新規申し込み、または乗り換えを検討している人はこのメリットとデメリットをしっかりと把握しておくことが大切です。

光コラボのメリット

メリットを簡単に説明すると、

  • 前述の回線とプロバイダの一本化
  • それによる低コスト化

などが挙げられます。これは光コラボ全体のメリットであり、利用している人全てが享受できるものです。光コラボの残りのメリットと言えば、各事業者の独自のキャンペーンに比重が大きくなります。

例えば、新規参入もしくは転用でキャッシュバック特典がもらえたり、スマホ携帯のキャリアに対応した割引セットなど、シンプルながら得られるメリットが大きいキャンペーンが実施されています。光コラボキャンペーンによる月額料金の割引や工事費、乗り換えによる違約金負担など様々な特典が用意されているのも光コラボのメリットと言えるでしょう。

初期費用・月額料金が安い

月額料金比較
 マンションタイプファミリータイプ(戸建て)
フレッツ光ネクスト3,350~4,350円(二年割で-100円)+ プロバイダ料金(500円~)5,200円/月(二年割で5,000円)+ プロバイダ料金(500円~)
@nifty光3,400円(2年目以降3,980円)5,200円(2年目以降3,980円)
ビッグローブ光3,980円(3年自動更新適用)3,980円(3年自動更新適用)
ソフトバンク光3,800円(2年自動更新プラン)4,700円(2年自動更新プラン)

上の表を見れば一目瞭然ですが、フレッツ光は回線とプロバイダが別料金です。一番安いマンションタイプでも光コラボのホームタイプよりも高いことが解ります。2年自動更新などの長期契約を見越した割引などもありますが、それはフレッツ光と光コラボ双方にあるので、料金差が縮まるというわけでもありません。

工事費用も後述の理由やキャッシュバックキャンペーンなどで企業側が負担してくれる場合も多く、費用面では光コラボの方がずっとお得なのです。

転用なら事務手数料のみで済む

光コラボの光回線はフレッツ光の光ファイバーケーブルを利用しています。既に開通済みの場合、新たに工事する必要が無いため、工事不要で即日から利用することが可能です。工事の必要が無いということは、例外を除いて工事費用も必要無いということなのです。

スマホ端末との同時契約で割引

スマホ携帯との同時契約で、端末や光回線の月額料金の割引キャンペーンを実施している光コラボも多いのです。国内のスマホキャリアはNTTドコモ、au、ソフトバンク、Y!mobileとありますが、いずれもキャリアに対応した割引が存在します。

携帯と同時契約で割引
NTTドコモずっとドコモ割4年以上継続契約で最大2,500円/月

 

au

auスマートバリュー2年間最大2,000円/月(3年目以降1,080円)
auスマートバリュー mine(モバイル端末)2年間最大2,000円/月(3年目以降1,080円)
auセット割(光回線)最大1,200円/月
ソフトバンク
おうち割

2年間最大2,000円/月(3年目以降1,080円)
Y!mobile
ソフトバンクでんき対象
ソフトバンクY!mobileおうち割でんきセット最大300円/月

それぞれスマホ携帯やモバイル端末と光回線を同時契約することで上記のように月額から割引が適用され、1回線の契約で10回線まで対応しています。家族で同じキャリアを使っている場合、このセット割を適用した方が断然お得になるのです。ネットとスマホは日常生活に必要不可欠なツールと言われている今の日本において、これはポイントとなる割引セットと言えるでしょう。

また、auにはスマホ端末ではなく、光回線の月額料金を割引するauセット割や、ソフトバンクでんきに対応したおうち割でんきセットと言う割引キャンペーンも存在します。スマホ以外を対象にした割引があるのも光コラボの特徴です。

格安SIMの提供

スマホ携帯にはSIMカードと呼ばれる情報を識別するICカードが搭載されています。特典として制限が解除されたSIMフリーを提供しているのも光コラボならではです。

光コラボで提供される格安SIMや格安スマホに、前述のセット割を併用して家族で使う月々の携帯料金を安く抑える、なんて節約術も可能です。

スマホは仕事やプライベートにも使う機会が多く、費用を抑えたいと考える人には活用できる特典です。

光コラボのデメリット

光コラボは従来のフレッツ光よりサービス面で向上した部分が多く、メリットばかりが注目されています。その一方であまり表ざたにならないデメリットや不親切感じる点も少なからず存在します。あまり注目されていない光コラボのデメリットについて解説しましょう。

回線の乗り換えが難しい

一度光コラボの光回線と契約してしまうと、別の回線に乗り換えることが難しくなるのも光コラボの特徴です。

これまで光回線と言えばフレッツ光でしたので、大半の人は光回線を乗り換えるという考えはなかったはずです。どちらかと言うとプロバイダを変更するというほうがしっくりくる人も多かったでしょう。しかし、プロバイダが光回線を取り扱う光コラボは従来のプロバイダ変更とは訳が違ってきます。

回線を乗り換える際には新たに新規契約になる

光コラボはフレッツ光の光回線ですが、同じ回線と言えども容易に乗り換えということが不可能になります。そもそも光コラボとは、NTTのフレッツ光を買い受けた事業者が自社のサービスとして提供しているものです。例え同じ内容のものでも、他社の製品として売っている以上は別物として扱われます。

  • 新規契約扱いとなり、初期費用が必要になる
  • 分割の工事費の残金支払い、違約金などが発生する
  • ひかり電話番号が破棄となり、以前の番号に戻せなくなる

解約後の支払い義務

解約、もしくは乗り換えの場合、現在利用している光回線の契約を解除し、新たな光回線を新規で申し込む形になります。他社の光回線を使うわけですからこれは当然と言えるべきなのですが、以前の光回線の工事費の支払いや、解約に基づく違約金の支払いが発生する場合もあります。

工事費は事業者ごとに一括化分割、または工事費無料などで対応されていますが、それまで利用していた期間に左右されます。工事費は分割払いの場合、申し込みから解約までの期間で計算され、残金がある場合には支払い義務が発生し、違約金は契約から解約までの設けた期間の日数に満たない場合に発生します。

新規申し込みキャンペーンなどは特典として工事費が無料になる光コラボも多いですが、ある期間利用することを前提とした特典である場合がほとんどです。乗り換え、もしくは解約する場合には、工事費の支払い形態や違約金発生までの期間を考えておく必要があります。

ひかり電話の番号破棄と再発行

光コラボによってはオプション契約でひかり電話との契約が必要になることもありますが、厳密にはひかり電話と契約する義務は必ずしも必要ではありません。しかし、固定電話を利用する人にとって、光回線を利用したひかり電話は基本料や通話料も安くメリットの大きいものです。

現在の光回線を解約することで、このひかり電話の電話番号も破棄することになってしまうのです。一度破棄したひかり電話の番号は二度と戻すことができなくなり、番号変更を余儀なくされてしまうのです。自宅の固定電話を使う機会の多い人にとって、意外に大きなデメリットと言えるでしょう。

その他のデメリット

光コラボは独自のキャンペーンを行っていますが、そのほとんどが長期契約を見越したものとなります少なくとも2年以上の契約を前提とした条件が特典には付与されており、キャッシュバックなどの高額特典は、契約から解約までの期間が短いと権利をはく奪されてしまうことが考えられます。

光コラボの高額キャッシュバックやデメリットが見当たらない特典などは、条件などの要項を確認しておくのが良いでしょう。仮に解約、乗り換えを検討しているなら、これらの縛りがある期間後の特典を受け取った状態で行うべきです。

またNTTフレッツ光から光コラボに乗り換える際には、NTTから転用承諾番号が発行されます。転用承諾番号は顧客情報を記録した識別番号で、光コラボに乗り換える際に光回線事業者に引き渡すために必要なものです。そして転用承諾番号は一度きりの発行となり、再発行は不可能なものです。仮にフレッツ光に戻る時には再発行手続きが必要となり、以前の番号は二度と使えなくなってしまいます。フレッツ光から光コラボに乗り換える際には光回線をよく選ばないと後々後悔することになります。

損得勘定で契約するのが賢明

光コラボはフレッツ光に比べ、ユーザーに大きなメリットをもたらすインターネットサービスです。大盤振る舞いとも言える特典の数々で陰になっていますが、存在するデメリットにも目を向けなくてはいけません。

光コラボのメリット
  • 費用が安くなる
  • スマホ端末との連動サービスで月額料金がお得
  • 光回線を利用した視聴サービスが充実
光コラボのデメリット
  • 解約後は別回線との新規契約と初期費用が必要になる
  • 違約金などのかかる費用が大きくなる
  • 転用番号破棄による以前のひかり電話番号が使えなくなる
  • 特典の権利をはく奪される

大雑把にメリットとデメリットを分けたものが以上になります。

光コラボ(光回線)はその多くが長期契約を前提とした契約となります。契約したけど不満を感じて気軽に解約というわけにもいきません。光コラボに限らず、auひかりなども含めて光回線の多くは長期契約で割引が適用されるケースがほとんどです。

そもそも光回線は、よほどのことでもない限り長期で利用する人が多く、ドコモ光が提供する「ずっとドコモ割」などは、最低4年契約が必要などの長期契約を前提としたスマホ携帯サービスもあるくらいです。

光コラボのデメリットは直面したらとても大きいものですが、ネットを利用する人にとってはほとんど無いに等しいデメリットとも言えるものです。むしろ、デメリットを遥かに凌ぐメリットの方が大きいと感じられることでしょう。

とはいえ、事業者ごとにサービス内容が違っているのも光コラボの特徴です。光回線を選ぶ際にはデメリットもしっかり把握したうえで、自分が得をできる光回線を選択するのが賢明です。

フレッツ光への申し込みはコチラから
SoftBank光への申し込みはコチラから

ビッグローブ光への申し込みはコチラから
ニフティ光への申し込みはコチラから

 

2020年11月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930