インターネット徹底調査「すぐ光」

インターネットの基礎知識や今一番安く、お得に使える光回線に申し込むための比較情報などをまとめた総合情報サイト

光コラボ徹底調査

プロバイダ乗り換えは光コラボがおすすめ!フレッツ光と光コラボで比較!

更新日:

プロバイダ乗り換えは光コラボがおすすめ!フレッツ光と光コラボで比較!

光回線が登場してからインターネットは高速通信が主流となり、それまでの家庭で繋げるインターネットは劇的な変化を遂げました。そんなインターネット事情に光コラボが登場し、これからは光回線を選べる時代となりました。新規に光回線を引くことを考える人から、乗り換えを検討している人まで、今回は光回線事情について解説します。

フレッツ光とは?

フレッツ光とは、NTT東西が提供するIPネットワーク網の総称です。一般的には、東西において提供されているフレッツを利用したネットワーク通信サービスを「フレッツ光」と読んでいます。光ファイバーを採用した通信速度は最大で1Gbpsとされ、光ファイバー網を複数の契約者で共有しています。

フレッツ光を利用した光コラボ

2015年2月より開始された光コラボは、NTTが展開するフレッツ光を各事業者に卸売りし、フレッツ光を買い受けた事業者が独自のサービスとして提供する光回線サービスです。プロバイダ事業者などが光コラボに参入したことで、それまで別々だった光回線とプロバイダの契約が一本化されました。これによって月額料金の低価格化が進んでいるのも特徴です。

光コラボは提携する企業と連携した独自のサービスが展開されており、スマホ携帯の割引や格安SIMの提供、VODなどの視聴サービスなど、事業者ごとの特色がより浮き彫りになりました。

ちなみに光コラボとは、フレッツ光を利用しているものが光コラボに含まれるので、例えば、@niftyで提供されている@nifty光は光コラボですが、auひかりはフレッツ光とは別の光回線ですので、こちらは光コラボではありません。

光コラボ以降のフレッツ光

光コラボの光回線はフレッツ光を利用したインターネットサービスです。そのため、フレッツ光と全く変わらない通信速度や品質であるため、月額料金の低価格化やコラボキャンペーンなどが充実した光コラボを選ばないという理由が見当たりません。

光コラボの開始以降はフレッツ光は徐々に光コラボへの切り替えが進み、NTT公式でのキャンペーンなども徐々に縮小化がされています。一方の光コラボは、参入する事業者が年々増え続け、それまでのプロバイダとして運営していた事業者も光コラボに対応したキャンペーンを実施している様子がうかがえます。

フレッツ光と光コラボの比較

共通点
  • NTTの光ファイバー網を利用している
  • 同じ通信速度と品質
  • 固定電話に加入しなくても良い「ひかり電話」がある
  • 月額割引サービスがある
  • 新規は回線工事が必要
  • マンションと戸建ての契約プランがある
フレッツ光
  • ネットに繋ぐには、フレッツ光の契約とは別にプロバイダ契約が必要
  • カスタマーサポートなどの案内が充実している
  • 公式のキャッシュバックキャンペーンが2017年7月時点では行っていない
光コラボ
  • 回線契約とプロバイダ契約が同時
  • フレッツ光からの転用なら工事費無料で即日利用可能
  • 事業者独自の特典やキャッシュバックキャンペーンが充実
  • 光コラボに転用した場合、他の回線に乗り換える場合は解約→新規契約が必要になる

フレッツ光と光コラボを比べると、やはりメリットとデメリットが浮き彫りになっていることが一見して解ります。フレッツ光はそれまでのインターネットの主流だったフレッツの光回線ということで、ネットの設備やユーザーへの対応も経験値が違います。それを踏襲した形で登場した光コラボは、フレッツ光の良い所を受け継ぐ形で現在の主流となっています。

フレッツ光は回線とプロバイダは別々で契約しなくてはいけないため、プロバイダを自由に選べて乗り換えられるという特徴があります。フレッツ光とプロバイダのネットサービスには「~光 with フレッツ」というプランがありますが、こちらでは光コラボに似たセット割や割引なども用意されています。しかし、プロバイダ料金とフレッツ光の料金が分けてついてしまうので、似たようなサービスであれば光コラボを利用した方がお得と言えるでしょう。

デメリットはどちらにもある

良いことばかりのような光コラボですが、フレッツ光からの乗り換え、または新規に全くデメリットが無いというわけではありません。

光コラボのデメリットは、フレッツ光ほど乗り換えが簡単ではないという点です。光コラボに契約する場合、フレッツ光回線は管理している事業者、OCN光ならOCNが管理していることになります。つまり、それまで光回線と別に契約していたプロバイダもフレッツ光を提供している事業者に委ねられることになります。

どうしても今のサービスに納得がいかず、事業者(プロバイダ)を変えたいという場合には回線そのものから解約し、新たに新規契約を結ぶ必要があります。解約した際には、契約した年月によって違約金が発生する場合もあり、工事費用を分割している場合には、残りの工事費を日払い計算で請求されるケースも考えられます。

光コラボに申し込んだ際にはNTTに転用番号の確認という手続きが必要になります。光コラボと契約後は番号の変更や再発行ができなくなるため、光回線を変える際には、この転用番号を破棄しなくてはならなくなるのです。そのため、新たな光回線を引くためには解約→新規契約の手順が必要になります。

冒頭で触れたauひかりはフレッツ光とは別物ですが、もちろんこちらでも同じことが言えます。

auひかりではプロバイダを選べる独自のサービスが提供されていますが、最初に選んだプロバイダを変更することができません。もしも変えたい場合は、他の光コラボと同様に解約→新規の流れが必要になるので注意が必要です。

そして、ひかり電話を利用している場合、発行されたひかり電話の番号も破棄されてしまいます。一度解約してしまったら以前のひかり電話の番号は使えなくなってしまうのでこちらも注意が必要です。アナログの固定電話の場合、戻せることもあるのでこちらは確認が必要です。

後悔しない光コラボ選び

フレッツ光や光コラボなどの光回線には、それぞれメリットとデメリットがあり、最初の光回線選びはとても重要です。プロバイダが選び直せないという点においては、これまで使っていたプロバイダを継続する人にとってはさほど問題ではないかもしれませんが、新規の人や別のプロバイダを検討している人には悩みどころです。

そこで、自分の環境に合わせて最も適した光回線(プロバイダ)を選ぶ目安を紹介しましょう。

月額基本料などで比較

まず最初に気になるのが月々の料金です。普段使いの頻度によって感じ方は違うと思いますが、安いほど良いと思うのも当然でしょう。下の表では大手プロバイダの光回線から比較してみました。

光回線月額基本料金
OCN光3,600円
ビッグローブ光3,980円
@nifty光3,980円
So-net光4,100円
ドコモ光5,000円(プランA)
ソフトバンク光3,800円
アサヒネット光3,780円
ぷらら光3,600円
エキサイト光3,360円
DTI光3,600円
auひかり3,800円

光コラボは2~3年の自動更新で月額が割引されることがほとんどです。光コラボに申し込む人のほとんどが長期契約であることを前提として、上の表は自動更新などを適用したマンションタイプの最安値で紹介しています。上の表で見るとエキサイト光が最安値のプロバイダとなり、一応の目安として覚えておきましょう。

工事などの初期費用


光回線
契約事務手数料工事費
新規転用新規転用
OCN光3,000円15,000円2,000円
ビッグローブ光3,000円27,000円無料
@nifty光2,000円 17,000円無料
So-net光800円1,800円24,000円無料
ドコモ光3,000円15,000円無料
ソフトバンク光3,000円24,000円無料
アサヒネット光800円2,000円 15,000円無料
ぷらら光2,000円15,000円無料
エキサイト光1,000円2,000円15,000円無料
DTI光800円1,800円15,000円無料
auひかり3,000円30,000円

上の表は引き続きマンションタイプを契約した際の初期費用となります。初期費用は必ず発生するものですが、既にフレッツ光を利用している場合は事務手数料だけで済む場合がほとんどです。また、派遣工事があるかないかでも手数料に違いがあります。どこのプロバイダも初期費用に差が無く、これも光コラボの特典の一つである「工事費無料」特典によるものです。

スマホユーザーと連動したセット割

フレッツ光以降の光コラボなどにはスマホと連動した割引サービスが用意されており、スマホユーザーは光回線をよりお得に利用することができます。

au対応光回線

  • ビッグローブ光
  • @nifty光
  • So-net光
  • アサヒネット光
  • DTI光
NTTドコモ対応光回線
  • ドコモ光
ソフトバンク対応光回線
  • ソフトバンク光

それぞれのキャリアに対応した光回線の一例が上記になります。国内2番目のシェアであるauは対応する光回線も多く、ユーザーが選ぶ光回やすいというメリットがあります。

キャリア割引セット
NTTドコモずっとドコモ割(最大2,000円/月割引)
auauスマートバリュー、auスマートバリュー mine(最大2,000円/月割引)
auセット割(最大1,200円/月割引)
ソフトバンク おうち割(最大2,000円/月割引)
Y!mobile

それぞれのキャリアにはそれに対応した割引サービスがあり、auにはスマホ端末などの月額割引となる「スマートバリュー」があり、ソフトバンクにはソフトバンクスマホやY!mobileが割引となる「おうち割」が用意されています。auを扱う光回線にはネットの月額料金が割引になるauセット割もあるのです。

auセット割のあるプロバイダ
  • ビッグローブ光
  • @nifty光
  • アサヒネット光
  • So-net光
  • DTI光

auセット割はスマートバリューとの併用ができないため、どちらか一方を選ぶ必要があります。スマートバリューは2年間で月額最大2,000円割引で3年目以降は934円の割引となり、auセット割は毎月最大2,000円の割引が適用されます。

光コラボは高額キャッシュバックあり!

フレッツ光は全盛期に高額キャッシュバックを行っていましたが、現在は公式では行っておらず、代理店でもキャッシュバック額は5,000円ほどと少額に抑えられています。ところが、光コラボは公式でも盛んに行っており、特に代理店では高額キャッシュバックが行われています。

例えば、代理店NEXTでのキャッシュバックが高額な光回線は以下になります。

 新規転用
ビッグローブ光35,000円 or 26,000円 + 高速無線ルーター10,000円
@nifty光15,000円5,000円
ソフトバンク光33,000円 or 28,000円 + 高速無線ルーター15,000円
auひかり45,000円 or ネット + 電話契約で52,000円

上の表で見ても圧倒的な高額キャッシュバックで、しかも条件に面倒な複数オプションを付けるということもありません。auひかりはその中でも群を抜いており、しかも3社同時キャンペーンによるKDDI公式、プロバイダ、代理店のキャッシュバックを残さず手に入れることができるのです。

総合的にお得なプロバイダはどこだ?

ここで一度月額料金を振り返ってみましょう。

ビッグローブ光3,980円
@nifty光3,980円
So-net光4,100円
ドコモ光5,000円(プランA)
ソフトバンク光3,800円
アサヒネット光3,780円
ぷらら光3,600円
エキサイト光3,360円
DTI光3,600円
auひかり3,800円

このうちスマホとのセット割があるプロバイダを選び、そこから月額料金を割り引いてみましょう。

ビッグローブ光2,780円
@nifty光2,780円
So-net光2,900円
アサヒネット光2,580円
DTI光2,600円

いずれも3,000円でお釣りがくるほどの月額料金に収まるのです。一番月額料金が安かったエキサイト光にはauセット割は無く、それ以外にも費用を安く抑えることでサービスが簡素なものとなっています。

月額料金に特に割引が適用されないソフトバンク光とauひかりですが、元々の基本料金が安いこともあるので致し方ない点でもあります。しかし、スマホユーザーには月額料金の割引があり、サポートやプロバイダサービスコンテンツが充実していることも評価したいポイントです。

費用、サービス、高額キャッシュバックなど総合的に考えてもauひかり、ソフトバンク光、ビッグローブ光はランキングの上位に来ると考えられるプロバイダです。

もちろんその他のプロバイダも通信速度に品質が保証された光回線ですので、好みで選んでも差し支えない高いレベルで提供されています。

auひかりへの申し込みはコチラから

必ずもらえるキャッシュバック

ソフトバンク光への申し込みはコチラから

ソフトバンク光スマホならセットでおトク!

フレッツ光への申し込みはコチラから

インターネットならフレッツ光!

OCN光への申し込みはコチラから

OCN光キャッシュバックキャンペーン

ビッグローブ光への申し込みはコチラから

ビッグローブ光キャンペーン

ニフティ光への申し込みはコチラから

auスマホとセットでお得!

2020年8月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031