インターネット徹底調査「すぐ光」

インターネットの基礎知識や今一番安く、お得に使える光回線に申し込むための比較情報などをまとめた総合情報サイト

光コラボ徹底調査

クイック光の疑問に辛口で迫る!他社よりお得?それとも損?

更新日:

クイック光の疑問に辛口で迫る!他社よりお得?それとも損?

光コラボの中でも、そこまで大手ではないかもしれませんが、月額料金が比較的安いとされるクイック光が存在します。

月額料金は、何と言ってもインターネットを選ぶ上での最低条件だと思いますが、月額料金が安いだけでお得かと言うと、インターネットの世界はそこまで単純じゃありません。

 

ではこのクイック光、単に月額料金が安いだけで、他に一体どんな特徴が見られるのでしょうか?

何やらスマホとのセット割も実施しているみたいですが…それらを総合しても、果たしてクイック光はおすすめできる光回線になるんでしょうか?

他社との比較や巷での評判なども含めて、紹介させていただきたいと思います。

 

クイック光って?

 

クイック光公式

クイック光とは、プロバイダ事業にも参入している株式会社エクスレイヤが運営する光回線サービスで、フレッツ光回線を提供しているため、光コラボの1つに該当します。

そのため速度は1Gbpsとなっており、提供エリアも全国区となっております。

 

このクイック光ですが、特徴は何と言っても月額料金の安さになり、業界最安水準であることを謳っています。

業界最安水準って結構大きく出ていますが、本当にそうならスゴいことですよね。

 

クイック光の各種費用

 

さて、まずはクイック光の月額料金や工事費用について詳細を見ていきましょう。

 

月額料金

 

クイック光の月額料金を、他社と比較してみましょう。

 

光回線

ホームタイプ

マンションタイプ

クイック光

4,750円

3,750円

ドコモ光

5,200円

4,000円

auひかり

5,100円

3,800円

ソフトバンク光

5,200円

3,800円

ビッグローブ光

4,980円

3,780円

 

なるほど、確かに比較してみると大分安いですね。

補足すると、クイック光の料金には、機器のレンタル料が300円含まれており、比較されている他社だと、プロバイダによるものもありますが、その費用は発生していません(無料期間が設けられているものもあります)。

これだけでも、十分申し込む理由にはなりそうですが、次に工事費はどうなるんでしょう?

 

工事費用

 

新設する際の工事費用を見ていきましょう。

 

新設工事費用

工事パターン

工事費用※ファミリー・マンション共通

宅内配線設備の新設

24,000円

宅内配線設備の再利用

9,583円

担当者無派遣

2,000円

 

転用の場合の工事費用は、フレッツ光の回線をそのまま使うことになるので、基本的には発生しません。

また、契約する際、事務手数料が新規・転用共に発生します。

 

初回事務手数料

新規

3,500円

転用

2,000円

 

次に、移転先での工事費用になります。

 

移転工事費用

工事パターン

ファミリータイプ

マンションタイプ

宅内配線設備の新設

9,000円

7,500円

宅内配線設備の再利用

6,500円

担当者無派遣

2,000円

 

工事費については、以上となります。

しかし新規の際の工事費用、結構かかるものなんですね、分割払いも用意されてはいるようですが。

ソフトバンク光やauひかり、ビッグローブ光でも、一応工事費用は提示されていますが、それと同時に工事費が実質無料となるキャンペーンも実施しているので、これに関しては見劣りするかもしれません。

 

ドコモ&auのスマホとのセット割

 

クイック光では、ドコモやauの端末とセットで利用することで、クイック光×919モバイルセット割が適用されます。

割引はクイック光の月額料金に毎月-500円充てられますが、割引額が1,000円以上にもなるプランがあるドコモ光セット割やauスマートバリュー/auセット割と比べると、そこまで大きな金額ではありません。

 

クイック光をおすすめできない!その理由

 

ここまで説明して参りましたが、月額料金は安いものの、工事費の実質無料キャンペーンなどが実施されていないというマイナス要素も見られましたね。

そしてさらに、クイック光をおすすめすることを躊躇してしまう要素が、実はまだありました。

 

個人向けのキャンペーンが無い

 

しつこいですが、先述しましたように、クイック光では工事費無料キャンペーン的なものが実施されていませんし、ソフトバンク光のあんしん乗り換えキャンペーンや、auひかりのauスタートサポートのような、乗り換えの際の違約金を還元するキャンペーンもありません。

強いて言うなら、法人、SOHO、個人事業主向けのキャッシュバックキャンペーンは実施されていますが、個人で契約するとなると、初期費用がどうしてもある程度かかってしまうことを覚悟しなくてはいけないでしょう。

 

ずーっと割は3年プランという縛りが条件

 

クイック光の割引となる、ずーっと割の適用は、3年プランに申し込むことが条件となっており、このプランに申し込むことで破格の月額料金を実現していて、さらに通常は月額500円となる、高速通信が利用できるv6プランは、このずーっと割を適用することで追加料金を課金することなく利用できます。

 

が、やはり3年プランでの利用が条件というのは、些か厳しいとことですよね。

ましてやマンションタイプでの契約となると、解約のタイミングが悪ければ、非常に高い違約金を支払うことになるので、十分に注意が必要です。

なお、解約につきましては、更新月のタイミングで行うことで違約金が発生しないようになっています。

 

利用年数

割引適用期間

違約金

1年目

3年毎自動更新

18,000円

2年目

12,000円

3年目

6,000円

4年目

3年毎自動更新

18,000円

5年目

12,000円

6年目

6,000円

7年目

3年毎自動更新

18,000円

8年目

12,000円

9年目

6,000円

 

うーん、自動更新される年が異様に高すぎますね。

こういう事態に直面してしまうと、ソフトバンク光のあんしん乗り換えキャンペーンや、auひかりのauスタートサポートみたいなのがあるところに行っちゃいますよね。

 

工事費や手数料を然るべき箇所に記載していない

 

工事費や事務手数料も先述させていただきましたが、これらは公式サイトで確認する際、非常に分かりにくい場所からpdfを開くようになっており、肝心な項目がすぐに確認できず、メリット部分だけを強調する仕様になっていることから、信用性という面で懐疑的になってしまう印象を受けました。

 

営業電話の評判が悪い

 

クイック光の評判を調べると、通信速度に関しては、フレッツ光回線を利用する光コラボですから、実際はクイック光がどうのという話ではないのですが、どうしても目立ってしまったのが営業電話の印象の悪さでした。

 

 

どうも強引に契約の方向へ流そうとするセールストークをしているようですね。

auひかりよりも安くなるという宣伝をしているパターンもあるようですが、auひかりよりもキャンペーンが乏しいのに、その売り込み方は語弊があるような気がするのですが…。

いずれにせよこのような電話対応だと、契約の前に質問したいということがあっても、そのときの電話で言いくるめられそうな懸念はあります。

 

やっぱり他社の光回線にしよう!

 

クイック光は、やはりどうしてもおすすめできないという結論に行き着きました。

改めて理由を述べますと、

 

・工事費が高い

・キャッシュバックキャンペーンが無いので初期費用を抑えられない

・スマホとのセット割の額が少ない

・v6プラスの追加料金が発生しない割引適用プランは3年自動更新が条件

・自動更新の年の違約金が18,000円で高すぎる

・営業電話の評判の悪さや初期費用の記載の分かりにくさなど誠実さに欠ける

・結局月額料金が安いだけで他に負担しなければならない費用は他社より高い

 

といったポイントが、おすすめできない理由となりますね。

だいぶ辛口の評価になってしまいましたが、色々と洗い出してみると、結構これがお得じゃないっていうのが浮き彫りになってきまして、事実上、月額料金だけしかメリットが無いっていうのが判明しました。

 

ということで、やはり契約するなら、他社にした方がいいのでは無いかと思うのですが、じゃあ例えばどこの回線がいいのか、という話になりますよね。

 

おすすめするのはソフトバンク光

 

画像:ソフトバンク光

ドコモ光のセット割は複雑すぎる上に、家族が多い分割引額が大きくはなるものの、代表者一人のスマホしか割引されないという融通の利かない仕様になっているので、ドコモユーザーなら絶対コレ!とまでは、正直言えません。

18,000円の工事費に関しては、2018年2月1日~5月7日の期間限定で、無料キャンペーンを実施しているようです。

 

auユーザーであれば当然auひかりか、auひかり同様にauスマートバリュー/auセット割を実施するビッグローブ光を利用するのが良いんですが、とりあえず今回はソフトバンク光を推奨させていただきたいと思います。

 

ソフトバンク光をおすすめする理由としては、

 

・ソフトバンク光に新規申込/引越しの方は工事費全額負担

・乗り換えの際の違約金を還元するあんしん乗り換えキャンペーンを実施

・ソフトバンクやワイモバイルなどの端末があればおうち割が適用される

 

などがあります。

 

とは言え、

「ソフトバンクユーザーやワイモバイルユーザー以外にとっては、あまり旨味が無いのでは?」

と思うところですが、あんしん乗り換えキャンペーンの還元額は最大10万円となっており、恐らくこれは業界最大額のはず。

 

また、これと同様のサービスとなるのがauスタートサポートですが、こちらの還元額は最大3万円となっており、また適用条件は、あんしん乗り換えキャンペーンの方が優し目なので、ソフトバンク光の方が初期費用を抑える上では、敷居が低めというのが分かるかと思います。

 

もし、これを機にキャリアも乗り換えようか、検討される場合は、格安スマホを提供しているワイモバイルを選ぶと、相当な節約になるでしょう。

SoftBank光への申し込みはコチラから

 

2020年11月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930