Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/netkuchikomi/suguhikari.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

インターネット徹底調査「すぐ光」

インターネットの基礎知識や今一番安く、お得に使える光回線に申し込むための比較情報などをまとめた総合情報サイト

光コラボ徹底調査

ドコモ光パックの料金プランが複雑過ぎる!実はこうなってました!

更新日:

ドコモ光パックの料金プランが複雑過ぎる!実はこうなってました!

ドコモ光で必ずと言っていいほどぶつかるのが、複雑過ぎるドコモ光パックの料金プランの仕組み。

ドコモユーザーの家族同士でデータ通信量を分け合うシェアパックや、ユーザー歴に応じてスマホの月額使用料の割引額がだんだん大きくなるずっとドコモ割に、光コラボとスマホのセット割などなど。

 

様々な光コラボの解説を試みるにあたり、やはりドコモ光は分かりづらすぎる・・・と気持ちがめげかけましたが、何とかまとめてみました。

是非当ページを参考にしてもらえれば苦労が報われます!

ドコモのスマホのユーザー歴に応じる割引システムや、家族でデータ容量をシェアできるプランは、なかなか見られないプランだと言えるでしょう。

ですがやはり、ソフトバンク光やauひかりの方が、ずっと魅力的と言わざるを得ません。その理由は後で説明します。

 

当ページでは、ドコモ光の最低限知っておきたいポイントをピックアップしつつ、他社との比較も織り交ぜながら、ドコモ光について分からないことを教えて!というあなたに向けて、解説したいと思います。

 

ネット基本料について

ドコモ光の料金プランに関しては、そこまで難しくはありません。

小難しいことに関する説明は追々として、最初はまず、ネットの基本料金について理解しておきましょう。

このあたりは、他社の光コラボと大体同じで、さらっと読む程度で大丈夫です。

 

さて、ドコモ光といえば、プロバイダが自由に選べる点が大きな注目要素ですが、主にタイプAとBに分かれるので、一覧を載せておきます。

 

タイプA

ドコモnet、ぷらら、so-net、GMOとくとくBB、andline 、excite 、Tigers-net.com、U-Pa!、ビッグローブ、DTI、エディオンネット、シナプス、TIKITIKI、楽天、@ネスク、01光コアラ、IC-net、hi-ho など。

 

タイプB

TCOM、OCN、nifty、TNC、AsahiNet、WAKWAK など。

 

次に、タイプ別の料金を見ていきましょう。

 

戸建て

 

プラン

料金

タイプA

¥5,200

タイプB

¥5,400

単独タイプ

¥5,000

 

 

マンション

 

プラン

料金

タイプA

¥4,000

タイプB

¥4,200

単独タイプ

¥3,800

 

シェアパックや割引について分かりやすく解説

 

数ある光コラボのプランの中でも、間違いなくドコモ光パックは、最も解説者泣かせのプランだと痛感しました。

ドコモ光って何でこんな分かりにくいの??という意見がネット上でも絶えませんし、この項目では、ドコモの光回線とスマホを利用する場合に変化する料金プランやシェアパック、割引について、とってもスムーズに頭に入っていく様、なるべく分かりやすく解説したいと思います。

シェアパックについて

 

シェアパック一覧

料金

ずっとドコモ割

ウルトラシェアパック100GB

¥25,000

¥100~¥2,500

ウルトラシェアパック50GB

¥16,000

¥100~¥2,500

ウルトラシェアパック30GB

¥13,500

¥100~¥2,500

シェアパック15GB

¥12,500

¥100~¥2,500

シェアパック10GB

¥9,500

¥100~¥2,500

シェアパック5GB

¥6,500

¥100~¥2,500

 

シェアパックでは、まず主回線、言い方を変えると代表者を設定します。

 

例えば、

 

主回線:お父さん

家族:お母さん、娘さん

 

この3人でシェアパック15GBプランを利用するとしましょう。

この場合、15GBのデータ容量を、家族3人でシェアすることが可能です。

データ容量のシェアの仕方は自由で、お父さん5GB、お母さん4GB、娘さん6GB、という割り振りでも全然構いません。

 

ですが、主回線に設定されていないお母さんと娘さんは、500円のオプション料金が発生します。

 

計算しますと、

 

¥12,500+¥500+¥500=¥13,500

 

3で割ると、4,500円になりますね。

この金額へさらにずっとドコモ割り(100~2,500円)が適用されます。

 

ずっとドコモ割りは割引額が低い?

 

ドコモを長く利用することで受けられるずっとドコモ割。

4年以上は使い続けていないと、この割引は適用されず、また過去に長年使っていたけど今は別のキャリアを利用している、という場合も割引対象外となります。

利用するプランのデータ容量が大きいほど割引額は増しますし、また契約年数が長くなっていくにつれて、より割引額が増えていきます。

 

以下は、主回線となる人がドコモの利用年数に応じて適用される割引の一覧です。

 

データ容量

4年~

8年~

10年~

15年~

100GB/シェア

¥1,000

¥1,200

¥1,800

¥2,500

50GB/シェア

¥800

¥1,000

¥1,200

¥1,800

30GB/シェア

¥600

¥800

¥1,000

¥1,200

15GB/シェア

¥600

¥800

¥1,000

¥1,200

10GB/シェア

¥400

¥600

¥800

¥1,000

5GB/シェア

¥100

¥200

¥600

¥800

30GB/個人

¥200

¥400

¥600

¥800

20GB/個人

¥100

¥200

¥600

¥800

5GB/個人

¥100

¥200

¥600

¥800

2GB/個人

¥600

ケータイパック/個人

¥300

 

ドコモ歴10年のお父さんを主回線とした場合、お母さん、娘さんと15GBのシェアパックを利用したとします。

ずっとドコモ割では-1,000円の割引が適用され、計算すると、

 

¥12,500-¥1,000=¥11,500

 

以上の料金を負担することになります。

 

前述でも説明した様に、お母さんや娘さんにはシェアパックのオプション料金として500円が加算されます。

合計しますと、以下の料金になります。

 

¥12500+¥500+¥500-¥1,000=¥12,500

 

ドコモユーザー歴が15年を超え、且つ100GBのプランを利用すれば-2,500円の割引が適用されますが、100GBのプランを利用する人は、お金に困っていない人だけだと思います。

ドコモショップのスタッフさんからの話でも、大抵の方が選ぶのは10GB~15GBのプランで、その場合の割引額は、表でも分かりますが、-¥800前後となります。

 

ドコモユーザーとしても、ちょっとサービスが薄くない?

というのが本音ではないでしょうか。

 

代表者のみに適用される光セット割

 

光セット割というのは、スマホやネット回線をドコモに統一することで、スマホの月額料金に割引が適用されるシステムで、他社の同様のサービスだと、ソフトバンク光のおうち割やauひかりのauスマートバリューなどが該当します。

 

データ容量

割引額

100GB/シェア

¥-3,200

50GB/シェア

¥-2,500

30GB/シェア

¥-2,000

15GB/シェア

¥-1,800

10GB/シェア

¥-1,200

5GB/シェア

¥-800

LLパック/個人

¥-1,100

Lパック/個人

¥-900

Mパック/個人

¥-800

Sパック/個人

¥-500

ケータイパック/個人

¥-500

 

で、この割引なんですが、実はちょっとしたトラップがありまして、割引は主回線しか受けられないんですよね。

ソフトバンクやauでは、家族全員が同額の割引を受けられるのに、ですよ?

それではソフトバンクを例に比較してみましょう。

 

ソフトバンク(30GBプラン・セット割適用)の割引額

お父さん

¥2,000×24ヶ月=¥48,000

お母さん

¥2,000×24ヶ月=¥48,000

娘さん

¥2,000×24ヶ月=¥48,000

割引総額=¥144,000

 

なんと、2年間で14万を超える割引額となるのです。

では次に、ドコモで同じ家族構成で同じ内容のデータプランを利用した場合の例を出してみます。

 

ドコモ(30GBプラン・セット割適用)の割引額

お父さん

¥2,000×24ヶ月=¥48,000

お母さん

¥0

娘さん

¥0

割引総額=¥48,000

 

これは驚愕ですよね…なんとソフトバンクの方が10万円近く割引されてしまうという結果になりました。

さらに、ドコモのシェアパック15GBと、ソフトバンクの5GBのプランを比較すると、一目瞭然の結果となりました。

データ容量が全く同じであるにも関わらず、ソフトバンクの方が2年間で66,384円も割引されるということが分かったのです。

ドコモショップのスタッフさんもそこを突っ込まれて、反論できないということが結構あるみたいですね。

 

docomo withは期待はずれ!

 

対象機種の月額使用料が割引されるdocomo withなるサービスもあり、こちらは1,500円の割引が適用されます。

一見、「え、これすっごいお得じゃん!」と思うところですが、その対象機種というのが、ごくごく一部で、とても限られており、性能も最新機種と比べると今ひとつ。

快適性やバッテリー容量の余裕を求めるのであれば、あまり良いとは言えません。

 

シンプルプランの利用条件

 

2017年5月24日よりサービス開始した、月額980円のシンプルプランですが、こちらのプラン、実はシェアパック専用となっています。

一応ユーザー還元ということなんですが…シェアパックを利用してないユーザーもだいぶ多いんですけど、どうにかならないものなんでしょうか。

 

いかがでしたか?

 

大まかなポイントを集約して解説しましたが、同じ仕様で利用するなら、ソフトバンク光やauひかりの方が断然お安いです。

 

ドコモ光の主回線となるユーザーにはセット割が適用されるのに、主回線以外だと、どのキャリアと比べても、もっとも高くついてしまいます。

また、ずっとドコモ割りが適用されなければ、シェアパックを利用したところで、やはりドコモが最も高くなってしまいます。

 

シェアパックを使わない場合の個人プランは、1700円の基本料金のプランからでないとスタート出来ず、セット割の適用額も低すぎるのが痛いところ。

シェアパックのセット割が主回線のみなのは、他のキャリアのユーザーからすると、「え!?ありえない!」と思われても仕方ないでしょう。

もういっそ他のキャリアに乗り変えてしまっても、文句の言われようが無いかもしれませんね…。

 

SoftBank光への申し込みはコチラから

 

auひかりへの申し込みはコチラから

2020年7月
« 2月  
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031