インターネット徹底調査「すぐ光」

インターネットの基礎知識や今一番安く、お得に使える光回線に申し込むための比較情報などをまとめた総合情報サイト

インターネット徹底調査 光コラボ徹底調査

賃貸におすすめのインターネットランキング!WiMAX?光?徹底比較!

更新日:

賃貸におすすめのインターネットランキング!WiMAX?光?徹底比較!

これから一人暮らしを始める方、アパートやマンションに住んでいてインターネット契約を考えている方、「インターネットどこで契約しよう…」と迷われているのではないでしょうか?

今現在、インターネットには本当に沢山の選択肢があって、どこが良いのか非常に迷うところですよね。一人暮らしで利用する場合はなおさらです。

非常にたくさんの選択肢がある、とは言いましたが、それらを3つに区分けすると

①光回線
②モバイルWiFi(WiMaxなど)
③ホームWiFiルーター

の3つです。

ADSL回線という電話線を使用する選択肢も以前はありましたが、提供事業者が少なすぎるため今回は割愛していきます。

では光回線が良しか?モバイル回線が良しか?今回はその悩みを一挙解決していきたいと思います!

前半は各種インターネットのメリットデメリットの解説、後半は貸でおすすめのインターネット回線ランキング2部構成となっています。

解説をとばしてランキングからチェックしたい方はこちらからジャンプ

インターネットは料金だけでは計れない比較ポイントがあるので、しっかりと見定めていきましょう。

自宅がインターネット対応物件なら

まず、自分が住んでいるアパートないしマンションが『インターネット対応物件』の場合、どのような条件・仕様になっているのか確認しましょう。
一口に『インターネット対応物件』とは言っても、その中でもいくつかのパターンに分かれているのです。

①共用部分まで回線が引き込まれている

「インターネット対応物件」「光ファイバー対応物件」

現在ではこのタイプの集合住宅が多くを占めています。
共用部分まで来ている光回線を各戸別に引き込むための開通工事が必要となります。使用されている回線がフレッツ光であれば光コラボへの申し込みが可能。

auひかりや、電力会社系の回線が来ている場合はそれに沿ったプロバイダで契約することとなります。

②各戸別まで回線が引き込まれている

「インターネット完備」など

このタイプは①の延長ととらえればOKで、各部屋にまで回線が引き込まれているケースです。
この場合、各部屋まで回線が来ているので、開通工事が必要ありません。プロバイダと契約するだけでインターネットが使えるようになります。ただし、使用されている回線がフレッツ光なら光コラボ、それ以外のauひかりなどの回線ならそれに対応したプロバイダでの契約となります。

③管理者が全室プロバイダに契約済み

「インターネット付き」「インターネット完備」など

各部屋にLANケーブルが完備されており、接続するだけでネットが繋がり、入居者は一切のネット契約を必要としないのがこのタイプ。

このタイプの物件の場合は賃料が高めに設定されているのが特徴です。ネット契約を自分でする必要が無いため、このタイプの物件に住む人は備え付けのインターネットを利用するか、どうしてもプロバイダにこだわりがある場合自身で契約することとなりますが、その際は管理者に許可を得る必要があります。

ちなみに、「インターネット対応物件」などの言葉の定義は管理会社によって異なるため、検討する物件がどちらの形態なのかはしっかりと確認しておきましょう

 

光回線を引いてしまうか、ポケットWiFiを購入するか

それでは、先ほどの解説にでてきた①と②のタイプ、自宅がインターネット対応物件だったとき、次なる問題は「ではどのインターネットに申し込む?」というところです。

冒頭で、単身者で賃貸暮らしの人の選択肢は①光回線②モバイルWiFi③自宅用モバイル回線の3通りだと言いました。それではこの3つのメリットデメリットを把握しておきましょう。

 ①光回線②WiMAX⓷ホームWiFiルーター
月額相場3800円3500円4000円
速度最大1Gbps最大220Mbps最大350Mbps

①光回線 → 快適に使いたい人

まずは光回線のメリットデメリットです。

メリット

・とにかく安定性が抜群。読み込みに時間がかかることが無くサクサク作業が出来る。

・自宅内でならWiFiを飛ばせるし、速度制限もないため複数端末でもガンガン使える

・高額キャッシュバックがある

デメリット

・光ファイバー対応物件でない場合、開通工事が必要

・開通工事は順番待ちのため日数がかかる場合もある

・・・と、このように、最初に開通作業が必要になるのが面倒ですが、一度敷設してしまえば安定で快適なネット環境が保証されるのが光回線です。開通工事は必須ですが、大体の光回線では工事費無料キャンペーンを実施しているため、費用面は特に問題ありません。

 

②WiMAX → 自宅であまりネットをしない人

続いてはWiMAXの長所と短所。光回線と比べるとスタイルはだいぶ違ってきます。

メリット

・自宅にルーターが届いた時点でインターネット使用可能

・どこへでも持ち運んでWiFiが使える(対応エリア内のみ)

・手軽

デメリット

・通信が不安定なため、動画視聴・オンラインゲームは出来ないと考えたほうが良い

・速度制限あり。制限がかかると動画や画像はほぼ開けない

・ルーター端末のバッテリー消耗あり

 

・・・WiMAXの長所は何といっても手軽にインターネットが使えるという点につきます。ただし速度品質は保証できないため、インターネットにはこだわらないライトユーザーに向いていると言えるでしょう。

参考記事▼

WiMAXとauひかりならどっち?メリットデメリットを徹底比較!

③ホームWiFiルーター → 工事はできないけど安定したネットがいい人

こちらはもしかするとあまり馴染みのないパターンかもしれませんが、最近ではこんな形態のインターネットも販売されています。

代表的な商品で言えば、ソフトバンクAirauスマートポートなど今現在は大手キャリアから出ているものがあります。

メリット

工事が不要!ルーターが届けばすぐ接続

・WiMAXとは違い、容量制限はなし(ソフトバンクAirの場合。auスマートポートはWiMAXと同じ速度制限があります)

・同じキャリアのスマホとのセット割引がある

デメリット

・据え置き型のため持ち運びは不可能

・光回線と比べるとやはり速度は不安定(光回線がハイスペックすぎるとも言える)

「普通のWiMAXとなんか違うの?」という感じですが製品の仕組みは同じです。ただこちらは自宅のコンセントに差して使用するタイプで、ソフトバンクAirに至っては速度制限がありません

なのでWiMAXが所を選ばず手軽に使えるWiFiルーターならば、自宅用モバイル回線は工事不要の固定回線、と言うイメージでとらえると良いと思います。

例えば賃貸に住んでいても、ネット回線が全く施されていない物件(最近は少ないですが)などに住んでいる人はこのタイプがおすすめです。

 

結局のところおすすめは?

さて、「それぞれの特徴は分かった!じゃあ自分はどこで契約したらいいんだろう?」というところです。基本的な決め方としては、それぞれのメリットを比較して一番ピンとくるネット回線を選ぶのが定石でしょう。

全ての人におすすめなのはやはり光回線ですね。

何よりもコスパが良いのです。

光回線は最低でも最大速度1Gbpsの高速通信に加え、速度制限がありません。常に安定してハイクオリティなネットを利用できるのです。

それでいて月額料金は5,000円前後が相場。確かにWiMAXなどに比べると高く感じますが、WiMAXで速度制限がかかってイライラさせられることを思えば、十分有意義な出費です。

スマホ割引は絶対活用しよう

さらに、光回線の最大の特徴はスマホとのセット割引制度があることです。

セット割引はスマホの料金が割引になるパターンとネットの月額料金が安くなるパターンの2通りありますが、いずれにしても自身の実負担が軽くなるためとても人気のある割引サービスですよね。

Y!mobileやBIGLOBESIMなどもセット割引があるため、光回線は実は料金的にお得になる要素が満載だったりします。

光回線使いたいけど、ここからが問題?

ところで、光回線と一言で言いましたが、
「いっぱいありすぎて、どこが一番いいのか分からない・・・」と頭を悩ませますよね。

それではお待たせいたしました!

以下からは「賃貸向け・単身向け、おすすめインターネット回線ランキング」をまとめています。

このランキングでは「コスパ」「割引制度」「キャッシュバック」の3点を重視しています。

順位はついていますが、内容面の優劣はほぼありません。人によって向いている回線とそうでない回線があるので、自分の条件に合わせてチェックしてください。

 賃貸でオススメ!インターネット回線ランキング

1位 ビッグローブ光

ビッグローブ正規代理店NEXTキャンペーン

 

ビッグローブ光への申し込みはコチラから

ビッグローブ光キャンペーン

マンションタイプ:3,980円/月

ホームタイプ:4,980円/月

工事費:3年プラン→無料 2年プラン→3000円(キャンペーン適用時)

①キャッシュバックのみ
35,000円キャッシュバック

②工事費無料or割引+キャッシュバック
26,000円キャッシュバック

③転用申込み
10,000円

キャッシュバック適用条件:新規申込み
キャッシュバック還元方法:銀行振り込み
振込時期:最短開通2カ月後

堂々の1位に据えさせていただいたのは大手プロバイダの光回線、ビッグローブ光です。
フレッツ光回線を使用した光コラボレーションのため、ほとんどのアパート・マンションで契約することが可能です。

おすすめの理由は

・光コラボの中でも月額が安い
・引越し時の工事費は何度でも無料
・auスマホを持っていればスマホ代が割引される
・BIGLOBESIMの割引もあり

月額が安い上に、auセット割でスマホ代も割引されます。単身者のお財布にも嬉しい料金プランなのではないかなと思います。

代理店で申し込むことによって工事費が無料になるほか26,000円のキャッシュバックが進呈されるので、申し込むなら代理店サイトからがおすすめです。

ビッグローブ光への申し込みはコチラから

2位 auひかり

auひかり正規代理店NEXTキャンペーン
auひかりへの申し込みはコチラから

必ずもらえるキャッシュバック

マンションタイプ:3,800円/月

ホームタイプ:5,200円/月

工事費:無料

ネットのみの申し込み
45,000円キャッシュバック

ネット+電話セットで申込み
52,000円キャッシュバック

キャッシュバック適用条件:新規申込み のみ
キャッシュバック還元方法:銀行振り込み
振込時期:最短開通翌月末
公式キャンペーンも同時適用可能

次点2位にやってくるのは大手携帯キャリアで有名のauひかりです。
キャッシュバックが高額なのが特徴で、回線自体も1位でも遜色ないクオリティを誇りますが、auひかりの利用は一部の人には制限があるためこの順位となりました。

おすすめの理由は

・光回線なのに月額が安め
・au独自回線が使用されており、速度の調子が良い。IPv6にも対応
・auスマホを持っていればスマホ月額が割引される
・他社から乗り換えた人は違約金還元&初年1年間1,000円

筆者が着目するのは”独自回線による速度のハイパフォーマンス”という点です。
auひかりはフレッツ光とは別ルートで光ファイバー回線を引っ張ってきているため、フレッツ光の回線混雑が起きたとしても蚊帳の外。まったく影響を受けないので速度の平穏が保たれるのです。

同時にこの点には注意が必要で、もし賃貸に敷設されている光回線が”フレッツ光”だった場合はauひかりは接続できません。もし賃貸でauひかりを引きたいのであれば対応物件かどうかを確認しておくと良いでしょう。また、auひかりは全国エリア対応ではありません。東海・近畿・四国地方をはじめとする一部地域では開通不可能のため、地域に対応した光回線を選びましょう。

auひかりへの申し込みはコチラから

3位 ソフトバンク光

Softbank正規代理店NEXTキャンペーン
ソフトバンク光への申し込みはコチラから

ソフトバンク光スマホならセットでおトク!

マンションタイプ:3,800円/月

ホームタイプ:5,200円/月

工事費:キャンペーンで無料

新規申し込み
①33,000円キャッシュバック
②28,000円+無線LANルータープレゼント

転用申込み
15,000円キャッシュバック

キャッシュバック適用条件:新規申込み のみ
キャッシュバック還元方法:銀行振り込み
振込時期:最短開通2カ月後
公式キャンペーンも同時適用可能

マンションプランが安いのが魅力のソフトバンク光。こちらもビッグローブ光同様の光コラボレーションのため利用出来る物件は多く、回線品質も最高クラスです。

・開通工事日までWiFiルーターを無料で貸し出してくれる
・ソフトバンク・ワイモバイルスマホを持っていればスマホ代が割引
・他社から乗り換えた人は違約金全額還元

もし自分が持っているケータイ・スマホがソフトバンクかワイモバイルの人はこのソフトバンク光が一番おすすめです。

SoftBank光への申し込みはコチラから

4位 ソフトバンクAir

Softbank正規代理店NEXTキャンペーン
ソフトバンクAirへの申し込みはコチラから
置くだけカンタンインターネット

月額利用料:
Airターミナル購入→3,800円/月
Airターミナルレンタル→4,290円/月

ネットのみの申し込み
30,000円キャッシュバック

キャッシュバック適用条件:新規申込み のみ
キャッシュバック還元方法:銀行振り込み
振込時期:最短開通翌月末
公式キャンペーンも同時適用可能

ソフトバンクが取り扱っているもう一つのインターネット回線が、この自宅用モバイル回線であるソフトバンクAir(エアー)。

・開通工事不要
・ソフトバンク・ワイモバイルスマホセット割引あり
・データ容量制限なし

製品の特徴は、コンセントに差すだけでWiFiがつながるということ。

作り自体はモバイルWiFiと同じですが、ソフトバンクエアーは自宅据置き型のため持ち運びは不可能。その代りデータ容量の制限はなく、インターネットは使い放題です。

開通工事を必要としないため、対応エリアであればすべての物件で利用可能。

という訳で非常にお手軽な点が魅力ですが、モバイル回線なので速度は光回線と比べてしまうとどうしても劣ります。使い放題だからと言って、動画やゲーム、大きなデータを扱う人などは不向き。ソフトバンク光のほうがおすすめです。月額料金もそこまで差はありません。

ソフトバンクAirの申し込み窓口はこちら

最後に

今回のランキングは

1位 ビッグローブ光
2位 auひかり
3位 ソフトバンク光
4位 ソフトバンクAir

という結果になりました。

戸建てでも賃貸においても、「快適に・コスパ重視」という観点から言うとやはり光回線がおすすめとなってきます。

これから賃貸に住むよという方、インターネット選びは比較的選択肢が限られてくるかとは思いますが、そこに住んでいる数年の間、繋がらないインターネットでイライラしたくはないですよね!

キーポイントとしては、自分のライフスタイルにはどれが合っているか?をしっかり考えることです。また、インターネットに申し込むのならば絶対にキャッシュバックがあるところを選びましょう。月額料に換算すると、どれも半年以上は無料でインターネットが使える計算になります。

今回の記事を参考に、ぜひ自分の目的に合ったインターネットを見つけて頂ければと思います。

ビッグローブ光のお申し込みはコチラ
ビッグローブ光への申し込みはコチラから
auひかりのお申し込みはコチラ
auひかりへの申し込みはコチラから

ソフトバンク光のお申し込みはコチラ
SoftBank光への申し込みはコチラから

2020年12月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031