Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/netkuchikomi/suguhikari.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

インターネット徹底調査「すぐ光」

インターネットの基礎知識や今一番安く、お得に使える光回線に申し込むための比較情報などをまとめた総合情報サイト

インターネット徹底調査 フレッツ光徹底調査 光コラボ徹底調査

フレッツ光のプロバイダを選ぶならどこがおすすめ?

更新日:

フレッツ光のプロバイダを選ぶならどこがおすすめ?

いまや一般家庭にも当然のように利用されているインターネットですが、繋げるには最初にインターネット回線を引かなくてはなりません。そして、回線を引いたからと言ってすぐにネットに繋げられると言うものでもありません。

そこで今回はフレッツ光に絞って、インターネット初心者でも解りやすく解説しながら紹介しようと思います。

フレッツ光とは?

まず、インターネット回線は有線の固定回線と無線のものがあり、インターネット専用の回線だったり、電話回線を利用したものやケーブルテレビ回線(CATV)を利用したものがあります。そして、フレッツ光とはNTT東日本が提供するブロードバンドサービスのFLET’S光のことです。

鋭い人は「NTT東日本が提供する」と言う一文でお気づきと思われますが、インターネット回線の全てがフレッツ光と言うわけではありません。ブロードバンドサービスを提供する会社はNTTだけに限らず、いくつかの企業が提供しているものもあるのです。そして、フレッツ光は東日本と西日本に分かれて契約するものであり、関東に住んでいる人がNTT西日本のフレッツ光を利用するのはもちろん無理な話なのです。

簡単に言ってしまうと電話で通話をするための回線が電話回線なら、インターネットに繋げるための回線がフレッツ光と言うことになります。

フレッツ光にはサービスによってタイプが細分化されており、Bフレッツ、フレッツ 光ネクスト、フレッツ・光プレミアムと言った様々なタイプが存在します。さらにそこから回線を引く住居に合わせてタイプを選び、ファミリータイプやビジネスタイプなどと言った各種自分の環境に合わせてサービスを選ぶ必要があります。

一般的には名称にフレッツと付くサービスが総じてフレッツ光と呼ばれており、サービスの種類は回線を引く人の環境に依存すると言って良いでしょう。

詳しくはNTTのフレッツ光のサービス案内を見てもらえると詳細が確認できます。

フレッツ光への申し込みはコチラから

インターネットならフレッツ光!

フレッツ光への申し込みはコチラから

法人からのお申し込みならフレッツがおトク!

ネットに繋げるにはプロバイダ選びも必要

インターネット回線を引いた次にすることはプロバイダ選びです。まず初心者の方で勘違いしやすいのが、回線を引けばすぐにネットに繋げられるわけではないことです。CATVなどのようにプロバイダを兼ねている企業は選ぶ必要が無い(選ぶ余地がない)のですが、通常はインターネット回線を提供する事業者と提携しているプロバイダを選ぶ必要があります。

プロバイダとは正式名称をインターネットサービスプロバイダ=Internet Service Providerと呼び、英語の頭文字をそれぞれ取ってISPと略しています。普段我々が使っているプロバイダやISPと言う言葉はインターネット接続事業者のことを指しているのです。

なぜ回線を引いたのにわざわざプロバイダと契約しないといけないのか疑問に思う人も多いことでしょう。では、電話回線を引けばそのまま電話は使えるでしょうか?固定電話の番号を取得しなければ繋ぐことはできません。電線を引いていても電気契約をしていなければ電気は点きません。こう考えてもらえると解りやすいかもしれません。

インターネットに繋げるには、IPアドレスをプロバイダから取得する必要があるからです。IPアドレスとは数字の配列です。家の住所と同様に、何処からネットに繋いでいるかが解る発信地の目安となるものなのです。ちなみに携帯スマホやWiMAXなどのプロバイダ不要を謳う無線ネット通信もありますが、これは前述のCATV同様にネット回線を管理している会社がプロバイダを兼ねていると言うことなのです。

回線事業者がプロバイダを兼ねている企業と契約すると、明細などがひとまとめで送られてきて確認しやすいと言った特長があります。

他のネット回線はどんなのがあるの?

今回はNTTのフレッツ光回線をメインの内容にしているので掘り下げはしませんが、光ケーブル回線以外にアナログ電話回線、ISDN回線、ADSL回線、モバイル通信回線、CATV回線、と言った種類が一般的に知られている回線です。インターネットの黎明期からアナログ、ISDN、ADSL、そして光ケーブルへと進歩しました。

現在では高速通信を売りとした大容量のデータ通信が可能な光回線が主流となり、光、CATVなどに移り変わっています。モバイル通信も技術の進歩によって高速化が進み、光以前の回線はほぼ光に移行、またはサービス終了となっている状態です。

フレッツ光でプロバイダを選ぶなら何で選ぶ?

企業や施設などにとどまらず、ネットの普及に伴いサービスも多種多様化されてどれを選べば良いのか解らなくなりますよね?正直なところプロバイダ毎の違いはほとんどの場合が大差なかったりします。「ネットに繋げられればどこでも良い」と言うのであれば、それこそ適当に繋いでも不便に感じることはそうそうありません。

とは言え、どうせなら選ぶなら少しでもお得なプロバイダを選びたいと思う人が大半のはずです。

この場合、何をもってお得と感じるかが重要になります。

そもそもネット回線を引くと言うことは、何かしらの目的が無ければやらないことです。ネット環境を最大限に活用するためか、費用対効果か、自分のこだわりを選ぶか、恐らくはこれらに絞られると思われます。

選ぶならフレッツ光とプロバイダがセットとなったプロバイダパック

NTTのフレッツ光でおすすめなのがプロバイダパックです。通常の手続きには回線契約とプロバイダ契約の申し込みが必要となりますが、プロバイダパックはこの2つがセットとなっていてスムーズに手続きが済ませられます。

手続きが楽な簡単申し込みにプロバイダパック限定の割引サービスもあり、新規申し込みはもちろん、他社からのプロバイダ変更にも対応しているので初心者の方ならずともおすすめできます。

各社プロバイダ比較

さて、それではプロバイダ選びですが、こちらも各社ごとに提供されているサービスや特徴が様々で、どれを選べば良いのか見当もつかないと言う人も多いことでしょう。各社大差はないと言ってはみましたが、目的別で選ぶとなると話は変わってきます。

それでは次からはフレッツ光に対応しているプロバイダをそれぞれ特徴などを交えて紹介していきましょう。おすすめのプロバイダを前提に紹介しますので、プロバイダパック対応のプロバイダからおすすめのサービスをいくつかピックアップしていきます。

@nifty

NTTとのフレッツ光コラボの@nifty光はお得な料金プランを謳っており、回線とプロバイダがセットになって2年間は割引価格が適用されます。

回線速度も下りで最大1Gbpsという高速通信を売りとしており、大容量の動画や音楽のダウンロードにも対応できる点が魅力です。提供エリアも全国をほぼ網羅しているので、ユーザーも多いのが特徴です。

@nifty光の特徴とキャンペーンをまとめたものがこちらになります。

回線速度東日本、西日本共に上り下り最大1Gbps
光回線とプロバイダがセットとなった月額料金新規:ファミリータイプ 初月無料の4,500円(税別)※開通月を1か月目とした25か月目以降は5,200円(税別)
   マンションタイプ 初月無料の3,400円(税別)※3,980円(税抜)
転用:ファミリータイプ 初月無料の5,200円(税別)
   マンションタイプ 初月無料の3,980円(税別)
初期費用・工事費転用のみキャンペーンで無料(通常2,000円)
新規の場合は30ヵ月以内に解約の場合、解約時点で残っている工事費を一括支払いなので注意!
@nifty光×auセット割@nifty光とauスマートフォン/4G LTEタブレット/auケータイ利用で月額費用最大で1,200円割引
新規申し込みキャッシュバック
期間は2017年06月01日~2017年06月30日まで
新規:15,000円 転用:5,000円 ※12ヵ月以上継続して利用することが条件
直接@nifty光からの申し込みでないとキャッシュバックを受けられないので要注意!他社からの経由で申し込みの場合は確認されたし
(開通月から起算し、翌々月の月末日に指定口座へ振込)
グループ割NTT西日本エリアで光回線を利用している人限定フレッツ光月額利用料割引

光回線とプロバイダをセットにしており、CMでもおなじみのコミコミ料金でお手頃価格なのもポイントです。また、パソコンやタブレットのレンタルサービスや会員向け優待サービスなども提供しています。auユーザーで料金を安くで済ませたい方、キャンペーン期間中の申し込みを考えている人には一考の余地があると思います。

ニフティ光への申し込みはコチラから

auスマホとセットでお得!

AsahiNet

AsahiNetが提供するASAHIネット 光 with フレッツはプロバイダとNTTフレッツ光回線の月額利用料を合計しても安いというのがポイントです。そして月額利用料が1年間無料というのが驚きです。

これだけでも十分満足度の高いものですが、光コラボレーションモデルは回線速度の速さに充実したキャンペーンが魅力です。以前からシンプルなサービスと格安の月額料金のプロバイダの代表として知られており、品質と安定度の高いプロバイダです。

回線速度東日本、西日本共に上り下り最大1Gbps
月額料金ファミリーコース 5,180円(税別)
マンションコース 4,080円(税別)
ファミリーコース限定でフレッツ光利用中の人はスタートキャンペーンで12か月間の月額利用料200円割引
初期費用・工事費初期費用 2,000円(税別)
工事費無料
ANSIM格安SIMサービス「ANSIM」の通話SIM契約で毎月200円割引
AsahiNet 光 × auセット割auスマホユーザーは毎月1,200円割引
光回線新規申し込みキャッシュバック
期間は2017年06月01日~2017年06月30日まで
※延長の場合あり
光回線新規申し込みに限り10,000円のキャッシュバック

ASAHIネット 光 with フレッツを利用していた人には転用で回線速度が向上するだけでなく、月額利用料が安くなります。しかも3年目以降からは月々の利用料が100円割引となり、5年目以降からは300円割引となります。長く使うことでどんどん安くなり、ASAHIネット会員の方は会員歴がそのまま計上されるのでいきなり300円割引も可能なのです。

光回線を初めて申し込む人はまずはASAHIネット光で月額利用料1年間200円割引を受けられ、さらにキャッシュバックの特典が付いてきます。フレッツ光利用の人にはASAHIネット光 with フレッツ」は

格安プロバイダを利用しているユーザーにはおなじみとも言え、安さを求めるならまず第一候補と言えるプロバイダです。 

BB.excite

シンプルなサービスで余計なオプションなどを極力省き、ASAHINet同様に業界でも格安のプロバイダです。ネット業界での長年の運営実績と安心のサポートが最大の特徴ともいえます。光回線とプロバイダをセットにしたエキサイト光はネットを安くで楽しめるサービスです。

回線速度東日本、西日本共に上り下り最大1Gbps
月額料金ファミリータイプ 4,360円(税別)
マンションタイプ 3,360円(税別)
初期費用・工事費初期費用 転用に限り2,000円(税別)
新規工事費 戸建て 19,000円(税別)
      マンション 16,000円(税別)
格安SIMカード「exciteモバイル」格安SIMサービス「exciteモバイル」が月額500円で利用可能

価格の安さが目立ち目立ちますが、「回線速度が安定しない」、「速度にバラツキがある」など、通信速度に難があるという声が多いのも特徴です。また、カスタマーサポートへのフリーダイヤルが存在しないといった気になる点もいくつかあります。

確かに利用料は安いのですが、プロバイダの利用環境には少々の工夫が必要かもしれません。

BIGLOBE

BIGLOBE光パックNeo with フレッツは月々の利用料金、サービスなどが他社と比べても充実しており、特に会員向けサービスのラインナップは目を見張るものがあります。フレッツ光とテレビを繋げてみる「ひかりTV」など映像コンテンツなどもあり、バリエーションに富んだプロバイダと言えるでしょう。

回線速度東日本、西日本共に上り下り最大1Gbps
月額料金NTT東日本エリア
ファミリータイプ 5,500円(税別)2年目以降割引適用
マンションタイプ 3,750~4,500円(税別)2年目以降割引適用
※新規回線申し込みで2年間月額料金200円割引(対象期間:2017年4月13日~2017年7月2日)

NTT西日本エリア
ファミリータイプ 5,100円(税別)1ヶ月目~23か月目以降割引適用
マンションタイプ 3,500~4,400円(税別)1ヶ月目~23か月目以降割引適用
※新規回線申し込みで2年間月額料金200円割引(対象期間:2017年4月13日~2017年7月2日)

※新規でBIGLOBEのサイトからBIGLOBE光パックNeo with フレッツを申し込み、開通期限までに利用開始された人はファミリータイプのBIGLOBE月額料金が利用期間中200円割引されるファミリーお得割キャンペーンあり

初期費用・工事費NTT契約料 800円(税別)
新規工事費 戸建て 18,000円(税別)
      マンション 15,000円(税別)

ちなみに、BIGLOBE光パックNeo with フレッツから光コラボのビッグローブ光に乗り換えるとさらに料金がお得となります。

その違いは以下を見ていただければ顕著と言えるでしょう。

回線速度東日本、西日本共に上り下り最大1Gbps
月額料金 ビッグローブ光3年プラン
(最大1.200円の永年割引ビッグローブ光×au セット割適用)
auスマホ/タブレット/ケータイ(大容量プラン)利用の場合
ファミリータイプ 3,780円(税別)
マンションタイプ 2,780(税別)

auスマホ/タブレット/ケータイ(大容量プラン)利用でない場合
ファミリータイプ 4,980円(税別)
マンションタイプ 3,980(税別)

初期費用・工事費申込手数料 3,000円(税別)
工事費 ファミリータイプ 30,000円(税別)
    マンションタイプ 27,000円(税別)
オプション月額料金(希望者のみ)ビッグローブ光電話(月額料金)ビッグローブ光テレビ(月額料金)
新規回線キャッシュバックキャンペーン工事費無料
35,000円のキャッシュバック

NTT東日本と西日本でサービスや割引料金の違いがあり、キャンペーン目的で申し込みをする際には、回線を引くエリアの確認をしておく必要があります。

OCN

会員数国内最大級のOCN光 with フレッツは引っ越しの1か月前から手続き可能で、フレッツ光利用中なら乗り換えの工事費無料の光コラボなど開通から利用までのストレスが無いのがポイントです。

回線速度東日本、西日本共に上り下り最大1Gbps
月額料金フレッツ 光ネクスト ギガファミリー・スマートタイプ 6,100円(税別)

フレッツ 光ネクスト ギガマンション・スマートタイプ
プラン2(16世帯以上)4 ,150円(税別)
プラン1(8世帯以上)4,550円(税別)
ミニ(4世帯以上)4,900円

初期費用・工事費NTT契約料 800円(税別)
新規工事費 戸建て 18,000円(税別)
      マンション 15,000円(税別)

こうしてみると他社と比べて安いわけでもなく、平凡と言った感想を持たれることでしょう。しかし、OCNの真価が出るのは光コラボへの切り替えです。光コラボにすることで速度はそのままに、スマホとのセット割、切り替えによる工事費無料、プロバイダとの月額セットで料金格安と格段にサービス満足度がアップすることです。

ちなみに新規申し込みでOCN光にする場合、料金が以下になります。

月額料金OCN 光 ファミリータイプ (戸建て) 6,200円(税別)※2年自動更新型割引適用後の料金 5,100円(税別)

OCN 光 マンションタイプ (集合住宅)4,700円(税別)※2年自動更新型割引適用後の料金 3,600円(税別)

初期費用・工事費OCN 光 ファミリータイプ (戸建て)
初期費用 3,000円(税別)
屋内配線新規工事費 18,000円(税別)
屋内配線配線なし  7,600円(税別)
派遣工事なし    2,000円(税別)

OCN 光 マンションタイプ (集合住宅)
初期費用 3,000円(税別)
屋内配線新規工事費 15,000円(税別)
屋内配線配線なし  7,600円(税別)
派遣工事なし    2,000円(税別)

月額料金が安くなり、転用で工事費無料とサービスもランクアップと言ったところでしょう。

おすすめのプロバイダはどこ?

フレッツ光で選べるプロバイダの一部を紹介してきましたが、これ以外のプロバイダも基本的なサービスは大体どこも似たり寄ったりと言えます。その中で差別化を図るために各社様々なサービスを提供しているわけです。

冒頭でも述べたように、今回はフレッツ光に焦点を当てて解説しましたが、その中でどこのプロバイダを選ぶべきか判断しなくてはいけません。

選ぶべき基準はやはり、自分が快適と思える環境を提供してくれるプロバイダです。

雑感ですが、フレッツ光を最安値で選んだ場合の目的別で上から順に表にしてみました。

費用(月額料金、工事費、その他サービス込み)安定性サービス
AsahiNetOCNBIGLOBE
BB.exciteAsahiNet@nifty
@niftyBIGLOBEOCN
BIGLOBE@niftyAsahiNet
OCNBB.exciteBB.excite

数字だけで見たランクですが、それぞれに一長一短があるといった感じです。格安に特化したプロバイダもあれば良心的な料金設定かつ高い安定性のあるプロバイダなど、ここまで追ってきた方には判断ができるのではないでしょうか?

今回は料金ランクで最下位となったOCNですが、光コラボを利用することでランクが一気に上がるのです。これを加味した場合、AsahiNetや@nifty同様にOCNも高いレベルで安定したプロバイダと言えるでしょう。

このランクだけで一概には「これがベスト」とは言えませんが、自分の目的に合わせて選ぶ際の参考にしてみてください。これと併せて目的ごとのプロバイダ選びの参考として以下のリンクも活用してもらえると幸いです。

https://suguhikari.com/internet/300001/

フレッツ光からの光コラボのススメ

今回のお話で何度か出てきたキーワードにお気づきでしょうか?プロバイダ紹介の際に出た光コラボレーションという言葉です。光コラボとはその名の通り、フレッツ光をプロバイダ各社が受け、フレッツ光の性質をそのままに独自のキャンペーンを行っているものです。NTTが各社に光回線を卸売りしているのが光コラボレーションというわけです。

2015年からスタートとまだ日が浅いこのキャンペーンですが、各事業者はそれぞれがしのぎを削っている状態です。フレッツ光を利用している人もそうでない人も取り込もうと各社必死です。そのため光コラボは従来のNTTのフレッツサービスよりもサービスが充実し、その上光回線の品質はそのままと言う、言わば至れり尽くせりのお得なサービスです。

もしこれから光回線を引こうと考えている方やフレッツ光からの転用を考えている方は、ぜひ光コラボを体験してみてください。

ニフティ光への申し込みはコチラから

auスマホとセットでお得!

ビッグローブ光への申し込みはコチラから

ビッグローブ光キャンペーン

OCN光への申し込みはコチラから

OCN光キャッシュバックキャンペーン

2020年7月
« 2月  
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031