Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/netkuchikomi/suguhikari.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

インターネット徹底調査「すぐ光」

インターネットの基礎知識や今一番安く、お得に使える光回線に申し込むための比較情報などをまとめた総合情報サイト

フレッツ光徹底調査

フレッツ光とプロバイダの関係性について詳しく知りたい!

更新日:

フレッツ光とプロバイダの関係性について詳しく知りたい!

フレッツ光について

ほとんどの方が、耳にしたことがあるであろう回線の名前、「フレッツ光」。けれど実際になにがどうすごくて、なにが便利になるのかがわからない人も多いはず、そこで今回、私なりにNTT「フレッツ光」についての内容や多くの人から選ばれる理由、その特徴をわかりやすく解説していこうと思います。

フレッツ光とプロバイダの関係性

「フレッツ光」とは、インターネットを繋ぐための回線です。インターネットとしては「フレッツ光」以外にもアクセス回線はありますが、「フレッツ光」はその持ち味をや特徴から多くの人から愛され利用されています。以下「フレッツ光」の特徴をまとめました。

特徴

1.高速なインターネットでストレが少ない

大容量のサイトや動画サイトを見るときの ストレスなく快適に視聴することができたり、ダウロードの通信速度が早いなどが最大の魅力とされています。

2.料金の価格設定が良心的で利用者に優しい

大きな会社でが金額高い料金だと思われがちですが、利用者に優しい価格設定で利用者に良心的なんです。

3.様々な状況に合った便利なサービス

電話番号そのままでお得な料金で契約できたり、お住まいに合わせた通信環境に合わせた料金割引などのサービスがあります。ご自分に合ったプランを紹介アドバイスしてくれるなど契約時の際にも丁寧な対応です。

4.手厚い利用者へのサポート

契約時のトラブルやわからなことが起きた場合、電話で親切対応してくれるサポートサービスがあります。また、ウイルス問題などのも応対してくれ安心して利用することができます。

覚えておきたい、光コラボレーションと「転用」

「フレッツ光回線」を利用するにあたり、覚えて貰いたいことが二つあります。「光コラボレーション」と「転用」です。

「光コラボレーション」とは、NTTが提供する「フレッツ光回線」を、NTTと直接お客様の契約を結ぶのではなく、契約の中継する事業者を挟んで契約を結び、「フレッツ光」の品質や速度をそのままに、各事業者のキャンペーンやお得なサービスなどが受けられます。また、そのような事業者をプロバイダーと呼び、「フレッツ光回線」をそのままに契約の事業者(プロバイダー)を変えることを「転用」と言います。

自分の環境に合っている「光コラボレーション」している事業者を選ぶことでより、手厚いサービスや価格割引の恩恵が受けられるのです。

具体的な料金と転用をオススメする理由

「フレッツ光回線」の料金は、集合住宅と戸建で料金が変わってきます。大まかな金額の例ですが、

集合住宅は、月々3450円+プロバイダ料金

戸建は、月々5100円+プロバイダ料金

といった感じで、ここにお住いの状況に合わせた割引が施されます。そして利用に欠かせない回線の工事費がかかってきます。そのまま契約を結ぶとこれらの料金がかかってしまい初期費用として結構な金額になってしまいます。

そこで先ほど、紹介した「光コラボレーション」しているプロバイダーを介して回線の契約を結ぶことによって、工事費が免除されたり大きな価格割引がされます

すでに回線の契約を結んでしまっている方でも、プロバイダを介して契約を結ぶこともできるのです。主な内容を変えずにサービスを受けられるのも回線を転用する魅力のひとつです。

プロバイダには、様々な種類と様々なプランがあるので、ご自分の環境に合ったプロバイダ選びが重要になるのです。

メリットと注意点

キャンペーン内容

「フレッツ光」の契約時の注意点として、回線の使うには必ず回線工事が必要になります。お住いの環境や東日本、西日本でも、大きく変わってきます。プロバイダを通してお自分に合う、工事費が安くあるキャンペーンを探してみてください。

契約期間

プロバイダに関しては、2〜3年ぐらいの期間を最初に決め契約します。その期間内にプロバイダ契約を解約したり、また違ったプロバイダに乗り換えたりすると違約金というものが発生してしまいます。俗にいう○年縛りというものです。なのでプロバイダ契約の際にそういったところも注目してみてください。

キャッシュバック

ちなみに乗り換え時のキャッシュバックを貰いそのお金で違約金を支払うといったこともできるので契約期間中だけど違うプロバイダに乗り換えたいと思っている方は、各プロバイダの特典やサービスにも注目してみるのもいいかもしれませんね。

また、プロバイダ選びの際に色々なサイトや代理店のパンフレットをみるかもしれませんがそこに記載されている最安値の金額表示は、色々な条件のもと余計なオプションなどつけられるなどかえって複雑になってしまい、結果月々の料金が高くなってしまうこともありますので注意が必要です。

貯まっていたポイント

また、フレッツ光契約時に溜まっていたポイントなども転用の際に全てなくなってしますので、光コラボへの転用考えている人は、ご自分の現在持っているポイントも忘れずに確認してみてください。

最大の注意点

そして、光コラボ事業者からは、フレッツ光に戻せないということが大きな注意点でもあります。戻したい場合は一旦解約して契約を結び直すなどしなければいけなかったりするので、ここでのプロバイダ選びは、気をつけないといないところですね。

お得な掛け合わせとセット割引

最近は、携帯会社のキャリアがインターネットのプロバイダー事業を行なっていることが多く、お持ちの携帯電話やスマートフォンのキャリアとセットで契約することによって、手厚いサービスや料金割引が望めます。それ以外にもモバイル回線などの契約も同時に結べるプロバイダ事業者もあり、それらセットでの割引などが適用されたりします。

月々のご利用料金が一括して請求されなど管理がしやすくなるのも魅力ですね。

様々な不安点

ちまたでは、「光コラボレーション」の利用や転用してインターネットを利用する際に様々な不安点も囁かれています。例えば、回線の安定性や信頼性。光コラボ事業者を挟むことでされらが不安視されています。しかし実際には、回線自体は「フレッツ光」の回線を利用しているので、基本的には、同品質の回線が利用できることになります。

また、転用や切り替えの際の手続きが面倒と言われることも多々あるようです。実際は、ウェブや電話での窓口も充実しているので契約手続きも簡単に行えるのです。プロバイダも契約の際には、その人にあったプランや案内をしてくれるので何もわからないという人も安心してください。

光コラボレーションの魅力

様々な面を考えたうえで、フレッツ光回線を利用する場合やこれから「フレッツ光回線」を使いたいと思っている方も、直接NTTとフレッツ光の契約を結ぶよりも、「光コラボレーション」の小売事業者を介して契約した方が月々の料金やキャンペーンなどの特典も多いのでお得ということになります。

また以前から直接NTTとフレッツ光回線の契約を結んでいるかたも光コラボレーション事業者に転用することをオススメします。転用の際は、回線がフレッツ光そのままなので、違約金などは発生しないので安心してください

まとめ

いかかがでしたか?国内で一番有名な回線といってもいいぐらいのフレッツ光回線。
それにまつわるプロバイダの事業者との光コラボレーション、選択肢が多いので結局は、人の好みになってしまうのですが、インターネット初心者の方や、回線について疎い方などは、上記で記載した、プロバイダのキャンペーン、価格割引、掛け合わせセット、回線工事費などに注目して自分にあったプロバイダを探してみてください。

携帯キャリアなどのプロバイダが入り口としては、入りやすいかもしれませんね。

SoftBank光への申し込みはコチラから

ビッグローブ光への申し込みはコチラから
ニフティ光への申し込みはコチラから
2020年7月
« 2月  
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031