インターネット徹底調査「すぐ光」

インターネットの基礎知識や今一番安く、お得に使える光回線に申し込むための比較情報などをまとめた総合情報サイト

auひかり徹底調査 インターネット徹底調査 光コラボ徹底調査

auセット割のある光回線<最強4社>auユーザーはここから選ぼう

更新日:

auセット割のある光回線<最強4社>auユーザーはここから選ぼう

auユーザーの人はインターネット選びに関しては大変めぐまれていると言えます。
なぜならば、セット割引を実施している光回線事業者が多数存在するから

同じキャリアであるドコモソフトバンクの携帯とスマホが割引になるのは、いずれもドコモ光・ソフトバンク光のみです。
(ソフトバンクユーザーはNURO光がセット割引を実施していますが、NURO光はどちらかというと高速回線を目的に契約する感じになっています)

auの場合、セット割引が効くのはauひかりだけではありません。

光コラボ回線でも多数の事業者がauスマホとのセット割引を実施しているのです。
そう思うと、auユーザーは逆に「どこの光回線に申し込んだらいいのか…」という新たな壁にぶち当たってしまう、とも言えますね!

さまざまな光回線を調査した結果、auユーザーが申し込むべき光回線の選択肢は4つに絞られます。今回はそれら4社を紹介していきますので、自分が魅力に感じる光回線をぜひチェックしてみてください。

 

auのセット割引は2種類

そもそも、いま現在国内で提供されている
「auスマホ+インターネット」
の割引は2種類ある、ということを知っておく必要があります。

①auスマートバリュー

※KDDI公式

まず1つめはCMなどで一気に知名度を上げたこちらの割引サービス。auユーザーでなくても名前だけでも聞いたことのある人は多くいることでしょう。

「auスマートバリュー」、特徴としては①携帯代が割引されること②最大10端末まで割引が適用できること③最大割引額が2,000円と高額であることが挙げられます。

さらに、スマートバリューの適用には固定電話への加入が必要になります。

ですのでスマートバリューに向いているのは

1. 携帯を複数台づかいしている
2. 家族内でau携帯を使っている人が2人以上いる
3. 家で固定電話をつかう

といった人でしょう。

 

auスマートバリュー割引額

 

 

 

 

 

 

auスマートフォン
4G LTE ケータイ

        

指定の料金プランまたはデータ(パケット)
定額サービス
割引金額
・データ定額10/13/30
・データ定額10(ケータイ)/13(ケータイ)
月から 最大2年間
毎月2,000円OFF
(永年934円/月+最大2年間1,066円/月)OFF
・データ定額5/8/20
・データ定額5(ケータイ)/8(ケータイ)
・LTEフラット
・ISフラット
 翌月から 最大2年間
毎月1,410円OFF
(永年934円/月+最大2年間476円/月)OFF
・U18データ定額20(現在は受付終了) 翌月から 適用期間中
毎月1,410円OFF
・データ定額2/3
・データ定額2(ケータイ)/3(ケータイ)
・ジュニアスマートフォンプラン
・シニアプラン

 
翌月から 永年
毎月934円OFF

・データ定額1 
・データ定額1(ケータイ)
 翌月から 最大2年間
毎月934円OFF
(永年500円/月+最大2年間434円/月)OFF

・auフラットプラン20/30

・auピタットプラン(スーパーカケホ/カケホ/シンプル):2GB超~20GBまで

 翌月から 永年
毎月1,000円OFF
 auピタットプラン(スーパーカケホ/カケホ):2GBまで
(シンプル):1GB超~2GBまで
 翌月から 永年
毎月500円OFF
auピタットプラン(シンプル):1GBまで 割引対象外

3Gケータイ

・カケホ(3Gケータイ・データ付)
・3Gスマートフォン

翌月から 永年
毎月934円OFF

4G LTEタブレット

・LTEフラット for Tab/Tab(i)/Tab(L)


翌月から 最大2年間

毎月1,410円OFF
(永年934円/月+最大2年間476円/月)OFF

以上がauスマートバリューの割引一覧ですが、これらは端末の月額利用料金への割引です。
(この一覧の内容は割と変動するので、完璧な完全版を見たい方はKDDI公式サイトの一覧表を見ることをオススメします。)

表の中にも書いてあるように、最大割引額が続くのは適用から2年間です。3年目以降は割引額は下がって永久に続きます。

ちなみに、auスマートバリューは光回線に申し込んだ時点ではまだ適用されていません。自分でKDDIに問い合わせるか、auショップに足を運んで加入する必要があります。

 

②auセット割

続いてこちら、ストレートなネーミングですがこの割引サービスを提供する光回線事業者も多くありますね。

「auセット割」、特徴としては
①ネット代金が割引される ②割引適用は端末1台まで ③割引額は2種類 

というところがポイントです。
auセット割は固定電話への加入は必要ありません。ここもスマートバリューとの大きな違いですね。
このことから「auセット割」に向いている人というのは

1. auケータイは1台のみ所有
2. 固定電話を使う予定はない
3. =単身者のauユーザー

という感じです。

 

auセット割の割引額<1200円か500円のどちらか>

auセット割
毎月1,200円割引
になるプラン 

auスマートフォン
●カケホ(電話カケ放題プラン)+データ定額 5G/8G/10G/13G
●カケホ(電話カケ放題プラン/V)+データ定額 5G(V)/8G(V)/10G(V)/13G(V)
●スーパーカケホ(電話カケ放題プランS)+データ定額 5G/8G/10G/13G
●スーパーカケホ(電話カケ放題プランS/V)+データ定額 5G(V)/8G(V)/10G(V)/13G(V)
●LTEフラット/LTEフラット(V)
●LTEフラット(キャンペーン)
●ISフラット/ISフラット(キャンペーン)
●プランF(IS)、プランF(IS)シンプル

auタブレット
●LTEフラット for Tab/Tab(L)
●LTEフラット for Tab(i)
●LTEフラット for DATA(m)
●LTEダブル定額 for Tab/Tab(i)

auケータイ
●カケホ(電話カケ放題プラン/VK)+データ定額 5G(VK)/8G(VK)/10G(VK)/13G(VK)
auセット割 毎月500円割引になるプラン 

auスマートフォン
●カケホ(電話カケ放題プラン)+データ定額 2G/3G
●カケホ(電話カケ放題プラン/V)+データ定額 2G(V)/3G(V)
●スーパーカケホ(電話カケ放題プランS)+データ定額1G/3G
●スーパーカケホ(電話カケ放題プランS/V)+データ定額1G(V)/3G(V)
●ジュニアスマートフォンプラン
●シニアプラン/シニアプラン(V)
●LTEフラットcp(1GB)

auケータイ
●カケホ(電話カケ放題プラン/VK)+データ定額 2G(VK)/3G(VK)
●カケホ(電話カケ放題プラン/ケータイ・データ付)

以上がauセット割の割引額一覧です。
割引されるのは、加入したインターネットの月額料金です。
auセット割はauスマートバリューと違い、上記の割引が永久に続きます。

 

では、au割引でおすすめはどこ?

さて、このようにauスマホのセット割は2種類存在するわけです。

それぞれのインターネット事業者は、auセット割、スマートバリューのうち

①どちらか一つを提供している 
②両方とも提供していて利用者が選択可能

のどちらかの形態を取っています。

もちろんauセット割引以外にも各事業者はさまざまなキャンペーンを提供していますから、au割引にプラスして自分が魅力に感じるキャンペーンを実施しているところを選択すれば良いでしょう。

速度や料金、割引などを考慮して厳選した結果、今回おすすめしたい光回線は4社。

・ビッグローブ光
・ニフティ光
・ソネット光
・auひかり

です。

ではここからはこれらおすすめ回線を詳しくご紹介していきます。

 

ビッグローブ光

auスマホとのセット割引
●auセット割
●auスマートバリュー

ビッグローブ光はauセット割とauスマートバリューの両方を提供していて、利用者はどちらかを選ぶことが出来ます。ただし併用はできません

月額料金は【2年プラン】か【3年プラン】のどちらで契約するかで変わります。

3年プラン

 戸建てマンション
月額料金(3年自動更新)4,980円3,980円
解約違約金20,000円

2年プラン

 戸建てマンション
月額料金(2年自動更新) 5,180円4,080円
解約違約金9,500円 

さらに工事費にも特徴があります。

3年プランの工事費

 戸建てマンション
開通工事費用30,000円27,000円
工事費無料割引
(分割割引)
750円×40ヶ月
=総額30,000円割引
675円×40ヶ月
=総額27,000円割引

2年プランの工事費

 戸建てマンション
開通工事費用18,000円15,000円
工事費大幅割引

500×30カ月
実質負担3,000円

400円×30カ月
実質負担3,000円

3年プランはいわゆる”3年縛り”にはなりますが、その分月額も安く工事費も無料になる特典が付きます。
2年プランは契約期間は理想的ですが月額はやや割高。ただ解除料金も安くなるのはポイント高いですね。

今回紹介する光回線はいずれも高額キャッシュバックを実施していますが、ビッグローブ光も例外ではありません。キャンペーンが終わる前に要チェックです。

ビッグローブ光への申し込みはコチラから

ビッグローブ光キャンペーン

 

ニフティ光

auスマホとのセット割引
●auスマートバリュー

ニフティ光が提供しているのはauスマートバリューです。

2018年初頭までは<auセット割>のほうを提供していましたが、auスマートバリューにリニューアルされました。

まずニフティ光の月額料金の特徴として、はじめ2年間に大幅な割引が入ってかなり安価になる、というところです。

 月額基本料金開通から24カ月間の月額料金
<24ヶ月間割引>
ホームタイプ
(戸建て)
5,200円

4,500円

開通月は0円

マンションタイプ
(集合住宅)
3,980円

3,400円

開通月は0円

通称「24ヶ月間割引」というこの割引が適用されることにより、ほかの光コラボレーションと比べても群を抜いて月額料金が安くなります。

ただし工事費無料割引はありません。

 工事費事務手数料初期費用合計
ホームタイプ18,000円
600円×30回払い

 

2,000円

 

20,000円
マンションタイプ15,000円
500円×30回払い
17,000円

初期費用は基本全額負担ですが、ニフティ光もまた申し込み時に高額キャッシュバックがもらえる光回線なので、初期費用くらいは全然まかなえてしまいます。

ニフティ光への申し込みはコチラから

auスマホとセットでお得!

 

So-net光

auスマホとのセット割引
●auスマートバリュー
●auセット割←2018年7月より提供復活!

ソネット光もまた、auスマートバリューを提供する光コラボ回線です。さらに2018年夏には一度廃止したauセット割が復活し、どちらかを選べるようになりました。

月額料金は

戸建て5,580円
マンション4,480円

と一見割高に見えますが、So-net光では月額が大きく割引になる「auセット割」を実施していることがメリットです。auスマホを持っていれば最大で1200円割引されるというもの。これにより月額は

戸建て4,380円
マンション3,280円

まで下がります。

また、工事費無料キャンペーンも実施しているほか、キャッシュバックも行っているので、初期費用に関しては心配ないでしょう。

So-net光への申し込みはこちら

キャッシュバック実施中のSo-net光申し込み窓口

 

auひかり

auスマホとのセット割引
●auスマートバリュー

さて、そもそもauユーザーといえばこちら!ですよね、auひかり

5ギガ、10ギガという高速プランも開始され注目が集まっていますね。

auユーザーであれば圧倒的にお得なのはやはりこのauひかりなのですが、いかんせんエリア制限があるため対象外の地域に住んでいる人は加入できないのがもどかしいところ。

そんな人たちは上記に紹介した光コラボがauひかりに次いでお得、というわけです。

auセット割も、もともとはauひかり対象外地域のauユーザーがセット割引できるように…と考案されているので大元であるauひかりに<auセット割>はありません。

まずは月額料金です。

3年契約<ずっとギガ得プラン>

 戸建てマンション
月額料金(3年自動更新)1年目:5,100円
2年目:5,000円

3年目:4,900円
3,800円
2年プランのみ
解約違約金15,000円7,000円

auひかりの3年プランは3年目以降は4900円にまで月額料金が下がることで評判ですね。

2年契約<ギガ得プラン>

 戸建てマンション
月額料金(年自動更新)5,200円3,800円
解約違約金9,500円7,000円

2年プランは上記の通りで、例によって料金が少し上がるのと、解約金は下がります。

auひかりの初期費用

auひかりの場合初期費用がやや特殊で、まず戸建てプランとマンションプランで金額も変わります。

auひかり開通工事費用
戸建て37,500円
マンション30,000円

いずれにせよ他社光回線と比べると工事費用(=初期費用)が高めなのに気付くかと思いますが、これも相殺割引で無料化することが可能です。

初期費用相当額割引
 適用条件割引内容
戸建て
工事費:37,500円
 ネット+ひかり電話 625円×60カ月間
マンション
工事費:30,000円
 ネット 1,250円×24カ月間

さらに、キャッシュバックが高額なのもauひかりの特徴です。
初期費用は割高ですが、それ以上のキャッシュバックがあるため安心して申し込むことができますね。

まとめ

さて、auセット割を提供する光回線<最強4社>をご紹介しました。

何かピンとくるものはありましたでしょうか。
「いや…まだ分からないなあ…」
という方に少々ガイドすると、

au端末を2台以上所有しているor家族内にauユーザー2人以上いる家庭
 →auスマートバリューが組める光回線!

料金の安さが最優先!
 →ランニングコストを考えると月額が安いニフティ光

キャッシュバックを多くもらえるところがいい!
 →auひかり

速度を重視したい
 →5ギガに申し込めるauひかり、IPv6接続を提供しているニフティ光、ビッグローブ光

・・・といったように絞り込んでいくことが出来ます。

今回ご紹介した4社はいずれも優れた点を有する光回線ですのでどれを選んでも「失敗したー!」という事態に陥ることは無いにしても、自分がインターネットに何を一番求めているのかを明確にしたうえで申し込むことが満足度を高めるためには重要です。

 

ビッグローブ光への申し込みはコチラから

ビッグローブ光キャンペーン

2020年11月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930