インターネット徹底調査「すぐ光」

インターネットの基礎知識や今一番安く、お得に使える光回線に申し込むための比較情報などをまとめた総合情報サイト

auひかり徹底調査 インターネット徹底調査 代理店の口コミ・評判

価格.comでauひかりを申し込むと安くなるのか実際に電話してみた

更新日:

価格.comでauひかりを申し込むと安くなるのか実際に電話してみた

価格.COM(価格コム)は、家電品を中心に商品の『最安値で買えるショップ』を調べるツールとして一役買っていますよね。

活用したことのある人は多く居るんじゃないかと思います。

そんな価格コム、光インターネットの申し込みもできる、というのをご存知でしたか?
しかも・・・どうやらかなりの格安価格で申し込めるらしい!?

これは気になる!
しかしながら・・・本当にタダで安くなるのだろうか??
ということで、その真相を徹底調査!してみました。

価格.comでインターネットが申し込める!

価格コム インターネット」などで検索すれば、簡単に価格コムの光回線ページにたどり着くことができます。さすが大手比較サイトですね。

なにやらたくさんの光回線がずらりと出てきます。光コラボをはじめ、多種多様の光回線を申し込めるようです。
左側につけられている順位は価格順、月額が安い順から1位、2位・・・とランク付けされています。

このなかでも、今回はauひかり・プロバイダ@niftyについて調査していきたいと思います!

@niftyを選択した場合、月額3924円

今回の記事をまとめるに至った経緯

筆者はまだauひかりには加入していませんが、ゆくゆくはauひかりを利用したいと考えており(高速サービスもはじまりましたしね)プロバイダは@nifty(ニフティ)に興味があるため、現在進行中でさまざまな申し込み窓口をリサーチ中の身です。価格コムで本当にお得になるのか、個人的にもとても関心が高かったので調査に踏み切ったというのが経緯です。

さて価格コムから申し込むことのできるauひかりフィーチャリング@niftyですが、

auひかりホームタイプずっとギガ得プランを申し込んで…月額3924円!?

安い!安すぎる!価格コムすごい!これは申し込みダー!(調査なんてどうでもいい!)

・・・と舞い上がったのもつかの間。
さまざまな光回線、そしてその販売代理店を調査してきた筆者です。何か裏があるに違いない。危険センサーがフル稼働しました。

危険を察知した理由

①何の名目で料金が割引されているのかが書かれていない

②auひかり公式キャンペーンについて一切触れられていない

特に②の公式キャンペーンは重要です。
開通工事費が実質無料になる「初期費用相当額割引」、これまで利用してきたネット回線の解約金を負担してくれる「スタートサポート」は、お得にauひかりを申し込むにあたって必須のサービスですからね。それらは価格コムからの申し込みでも適用されるのでしょうか?

①についても、確固たる理由が分からないままただただ「安くなる!」と言われても怖いだけですよね・・・
何はともあれ、悶々としつづけていてもらちが明きませんし、実際に電話して聞いてみました。

実際に電話してみた

・価格コムでauひかり@niftyを申し込んだ場合の破格の月額3924円は本当なのか?

・価格コムサイトの割引はどういった内容なのか?

・価格コムからの申し込みでもauひかり公式キャンペーン「初期費用相当額割引」「auひかりスタートサポート」は適用可能なのか?

価格コムのauひかり申し込みページをみて疑問に思ったのはおもに上記3点。
この疑問を解消すべく、いざ価格コムに電話です。

右側に見えるのが価格コムプロバイダ申し込みのカスタマーサービスダイヤルです。

混雑時は翌日以降の折返しorプロバイダ直通へ促される

以下、実際のやりとりをまとめてみました。

価格コムカスタマー(以下:価格):はい、価格.comプロバイダお申込みセンターです

筆者:auひかりニフティの申し込みを検討しているんですが、公式サイトの表記で2,3聞きたいことがあるのですが

価格:承知しました。本日大変お電話が混みあっており、こちらが受付専用ですので、詳しいご説明は折返しさせていただくようになります。

筆者:折返しまでどれくらいかかりますか?

価格:大変混みあっておりますので、翌日以降となる可能性がございます。

・・・なんと。詳細説明のお電話は翌日になるとのこと。インターネット申し込みの繁忙期なのが災いしました。

筆者:そうですか・・・

価格:もしご回答お急ぎのようでしたら、@niftyプロバイダお申込み窓口に問い合わせていただき、「価格.comを見たんですけど」と一言おっしゃっていただければ、弊社キャンペーンと同じ内容でお申し込みが可能です!窓口の電話番号お伝えさせていただきますね!

と、あれよあれよとプロバイダ@niftyの申し込みセンターへ直接連絡する流れに。
しかし翌日まで待ってもいられませんし、価格コムをみたと言えば同じなのであれば問題はないでしょう。

プロバイダカスタマーで価格コムを見たと伝える

気を取り直して@niftyの申し込みセンターへ電話です。
まず、オペレーターにつながるまでに12分かかったということもお伝えしておきましょう。恐るべし繁忙期。

niftyカスタマー(以下:ニフ):(架電から12分後)はい、ニフティプロバイダお申込みセンターです。

筆者:価格コムの申し込みページを拝見しました。記載内容についてお伺いしたいのですが。

さあ、いざ真相解明です!

核心にせまってみる

利用料金割引はどういうことなのか?

筆者:価格コムページの

この部分の割引内容がよく分からないのですが、どういうことなのでしょうか?※以下の割引表示がよく分からなかったので聞いてみた

ニフ:こちらですね・・・ふうむ・・・確かにこれはどういうことなんだろう・・・

筆者:(あれ、ニフティの人も頭を抱えてしまっている!?)

ニフ:価格コムさんの料金記載方法って結構独特なんで、分かりづらく感じるお客様は多いんですよね。こちらお調べして、折返しご連絡しますね!

筆者:は、はあ。

なんと、こちらも折返しです。しかしながら取次ぎ先のプロバイダ担当者さえ頭を抱えさせる価格コムの表示方法には、もはや不信感しかありませんね。

 

公式キャンペーンの併用は可能なのか?

もうひとつ、こちらにとっての最重要事項を質問してみました。

筆者:auひかりの公式サービスである「初期費用相当額割引」と、「auスタートサポート」価格コムからの申し込みでも適用出来るのでしょうか?

ニフ:「初期費用相当額割引」につきましては適用可能です!「auスタートサポート」についてですが…そのサービスの内容がこちらで分かりかねますので、お調べさせていただき、折返しご返答差し上げます!

こちらも衝撃です。乗り換え申し込みの人にとってはとってもとっても重要な違約金還元サービス、「スタートサポート」の内容を知らないと・・・(auひかりの申し込み窓口にもかかわらず)

これは、公式キャンペーンは適用できないということなんじゃないか?価格コムからの申し込みでは大きな損をしてしまうんじゃないか・・・!?

戦慄が走りますが、とりあえず折返しを待つことに。

折返しの回答が来る

約15分後、折返しの連絡が来ました。(初回につながるまでには時間がかかりますが、一度対応してもらえればオペレーターの対応自体は早いようですね。)

ニフ:まず、利用料金割引についてですが、「初期費用相当額割引」の割引を受けた場合に、1年利用した場合、2年間利用した場合、3年間・・・とご利用年数を想定した書き方をしているようです。
ここで初期費用相当額割引の認識ですが、”ネットのみ”お申し込みの場合、125円/月の割引が60カ月間続くんです。電話をセットで申し込んだ場合は割引額+500円で625円の割引が60カ月間。この割引はauひかりの公式サービスとなっています。

ニフ:さらに、スタートサポートについてですが、こちらは弊社からでは申し込みを取り次ぐことが出来ません。適用可能かどうかをあらかじめKDDIのほうにお問い合わせいただき、適用可能だと分かった場合に弊社にその旨お伝えください。

とのこと。
いろいろと腑に落ちない結果となりましたが、価格コムのサイトの謎は解けました。

そもそも真相は価格コムに直接聞きたかったのですが今回はプロバイダniftyへの直接問い合わせという結果となりました。
まず、価格コムは「auひかり@nifty」の代理店の役割を担っています。その価格コムがniftyのプロバイダカスタマーへ連絡するように促してきたということは、【価格コムでの申し込み=niftyへの直接申し込み】ということですね。このことから、

価格コムで申し込んだ場合でも、auスタートサポートへの申請は取り次いでもらえない

ということになりますね。

問題の月額3924円はどうなるのか

利用料金割引についても、表記が分かりづらすぎます。価格コムでは

1年利用した場合、2年利用した場合、3年利用・・・

というような料金表示をしています。
ご存知の方も多いとは思いますが、auひかりは「2年契約」「3年契約」「契約期間なし」という料金プランがあり、一番月額が安価になるのが「3年契約」のずっとギガ得プランです。

上記の価格コムの料金表示はすべてその「3年契約プラン」の数字を載せているため、そもそも”1年間だけの利用””2年間だけの利用”という手段はありません。

3年目の契約更新月以外での解約は、契約解除違約金15,000円が発生してしまいます。

もし「1年利用してやめる」場合の料金を載せるのであれば、月額3924円に違約金分15000円÷12=1250円を上乗せする必要があります。

つまり実際の料金は

3924円+1250円=5174円

というわけで3924円でauひかりが利用できる、というのは相当な誇大表記であることが分かりますね。

『ネットを安く申し込む』の真意

結局、価格コムでauひかりを申し込んでも格安で使える訳ではないということが分かりました。

そもそも「ネットを安く使う」ことなんてできるのでしょうか?

その答えは一言で言うならばNOです。
こう断言してしまうと語弊があるかもしれません。インターネットを申し込むときの特典と言えばキャッシュバックキャンペーンが有名ですが、このキャッシュバックをいかに多く受け取るかが、ネットを安く(お得に)申し込むことの極意と言えるでしょう。

そういう意味では、申し込み窓口のキャンペーン条件をしっかりと読み込む必要があるでしょう。

お得にauひかりを申し込む!2018年おすすめ代理店サイトはここだ!

 

2020年12月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031